夏ドラマ好調の日テレ

写真拡大

 夏ドラマがスタートし『花咲舞が黙ってない』や『ど根性ガエル』など話題作がそろった日本テレビが一人勝ち状態だ。週間視聴率三冠王も続いており、恒例となった社員食堂の無料開放も毎週、続いている。ところが、「数字がよいのは自力ではなく敵失。内容では他局に負けていると思うことがたびたびある」と番組制作スタッフが漏らす。

「『情報ライブ ミヤネ屋』のウラで放送中の『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ系)は、視聴率が1.1%になったとか、ネガティブな話題ばかりが目立ちます。でも、放送内容をみていると、正直言って負けたなあと思うことが多い。選ぶテーマも面白いし、よく取材しているなあと感心する。視聴習慣と、司会の宮根誠司さんへ期待する視聴者の気持ちのおかげで今は勝てているだけ。夕方ニュースも含めて、もっと頑張らないと」

 視聴者は、長く見慣れたチャンネルのままテレビ番組を見続ける傾向がある。たとえば、日曜日の夕方から夜にかけての日本テレビは『ザ!鉄腕!DASH!!』の後、『世界の果てまでイッテQ!』、『行列のできる法律相談所』、『おしゃれイズム』と長年、愛されている番組が続く。特別編成で異なる番組になっても、習慣で見る人が多い時間帯としてよく知られている。

 一方で、いったんネガティブな印象がつくと視聴者を振り向かせるのは困難だ。今春の改変期に安藤優子キャスターがワイドショーに初進出と話題を集めた『直撃LIVE グッディ!』の放送枠はフジテレビにとって鬼門の放送枠。『知りたがり!』(2010年4月〜2013年3月)がふるわず『アゲるテレビ』(2013年4月〜9月)に衣替えしたものの不調で、半年間はドラマの再放送枠にしていた。さらに最近のフジテレビの全体的なイメージダウンも視聴者離れを促している。

 敵失とはいえ、結果として好調ならばもっと喜んでもよさそうなものだが、日本テレビ関係者は警戒を解けないという。

「情報バラエティやドラマなど、華やかな部門が目立つと忘れられがちですが、やはり取材して構成する力が落ちるとすべての番組に影響するものなんです。報道番組でなくてもコンプライアンスに対する意識は欠かせないのですが、取材する力が弱体化すると、自然とそちらも弱くなる。貴重な情報提供を見逃して取材が他局に出遅れるケースが最近、日本テレビではいくつか続いていて、ちょっと問題になっているんですよ」(制作会社所属のディレクター)

 取材が出遅れたとはいえ放送時にはわからない程度に毎度、挽回して間に合わせているそうだ。早めの危機意識が、今年も視聴率三冠王確実と言われる好調さの秘密のようだ。