Doctors Me(ドクターズミー)- 家の中が傷だらけになる前に……猫の爪とぎのしつけ方!

写真拡大

爪をとぐのは猫の本能!爪とぎOKな場所を作ろう

あっちこっちでバリバリ……猫の爪とぎは本当に困りますよね。大切な家具や、きれいな壁が台無しですし、騒音も気になるところ。何とかしたいものですが、本来猫にとって爪とぎは本能としてやっている行動ですので、これをやめさすことは、ストレスの原因となりかねません。爪とぎはやめさせるかではなく、家具や家を壊さずにやっても大丈夫な場所でといでもらう、これに尽きると思います。また、爪をとぐ理由として考えられているのは、以下の通りです。

・古い爪の外側を取り除いている
・縄張りの主張やマーキングをしている
・自分を見せ付けるパフォーマンス
・武器としての爪を整備
・ストレッチを兼ねて

しつけの方法は?猫が好む素材を探そう!

猫は一度といだ場所で、何回もやりたがる傾向があります。また目立つものや、それぞれがとぎやすい好みの材質があるようです。どちらかというと表面がつるつるのものより、爪のひっかかりがよくて、大きな音が出るものがよいようです。さて、やって欲しくないところで爪とぎをさせないようにするには、始めはちょっと大変ですが、爪とぎを始めそうになったら、素早く市販の爪とぎ等使っても良いものをさっと差し出したり、爪をといでも良い場所に誘導してみます。おっ?こっちのほうがいいぞと思ってくれたらしめたものです。
いまいちのようであれば材質を変えてみます。猫によって好みがあるようですから、ここは根気よくやってみましょう。他には、といで欲しくないところを市販のシートで覆ってしまう方法や、猫の嫌がるにおいのするものを塗る(個人的には柑橘系のにおいが嫌がられるような気がします)、猫に鎮静効果のあるフェロモン剤(市販名:フェリウェイ)をスプレーする、などの方法があります。
いずれにしろ、猫と快適に生活するためには、爪とぎのしつけは欠かせない事。猫ちゃんに合った方法が見つかるといいですね。