アン・ソンジュ、完全優勝で今季初勝利(撮影:ALBA)

写真拡大

<センチュリー21レディスゴルフトーナメント 2日目◇25日◇伊豆大仁カントリークラブ(6,531ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー『センチュリー21レディスゴルフトーナメント』は全日程が終了。初日から首位に立ったアン・ソンジュ(韓国)が2バーディ・ノーボギーの“70”でトータル15アンダーまで伸ばし、完全優勝で今季初勝利、ツアー19勝目を挙げた。

 1打差のトータル14アンダー2位タイにはこの日7つ伸ばし菊地絵理香とぺ・ヒキョン(韓国)がつけた。続くトータル12アンダー4位タイには東浩子と若林舞衣子。トータル10アンダー6位タイには飯島茜とアマチュアの新垣比菜がつけた。新垣は先週の『サマンサタバサレディス』に続き2週連続でローアマを獲得した。
 また、ローアマ争いをしていた勝みなみはトータル9アンダーでフィニッシュ、一歩及ばず8位タイで大会を終えた。
【最終結果】
優勝:アン・ソンジュ(-15)
2位T:菊地絵理香(-14)
2位T:ぺ・ヒキョン(-14)
4位T:東浩子(-12)
4位T:若林舞衣子(-12)
6位T:新垣比菜(-10)※アマチュア
6位T:飯島茜(-10)
8位T:勝みなみ(-9)※アマチュア
8位T:鈴木愛(-9)
8位T:原江里菜(-9)
<ゴルフ情報ALBA.Net>