胴鳴りの空気感や音色の変化、アコースティックギターの響きを再現

写真拡大

ヤマハは、サイレントギター「SLG200S」「SLG200N」の2機種を2015年8月から順次発売する。価格はいずれも7万5000円(税別)。

素材にマホガニーやローズウッドなど木材採用、ぬくもりと高級感あるデザイン

従来モデルからの高い静粛性とアコースティックギターの演奏性はそのまま、新開発の「SRTパワードピックアップシステム」を電装部に搭載。共鳴胴がなくてもボディの響きや空気感を表現でき、自然なアコースティックギターのサウンドを追求したという。ボディの素材にマホガニー、指板にローズウッドの木材を採用し、木のぬくもりを感じる高級感のあるデザイン。低音弦側フレームの脱着構造によりコンパクトに収納できる。チューナーを追加し、機能性と演奏性が向上した。

「SLG200S」は細めのネック形状に弦長634ミリスケールを採用。フォークやエレキギターからの持ち替えがスムースに行える。「SLG200N」は細めのネック形状とボディシェイプで、アコースティックギターの演奏者や手の小さい人にも弾きやすいという。

専用ソフトケース、ステレオインナーフォン、単3乾電池×2などが付属する。カラーはナチュラル、タバコブラウンサンバースト(10月発売)、トランスルーセントブラック(同)の3色。