スヌーピー誕生65周年!銀座三越にフィフティーズがテーマのオリジナル商品が集結

写真拡大

世代を超えて、世界中で愛され続ける人気キャラクター・スヌーピー。毎年、銀座三越の8階で、限定のオリジナルグッズなどを販売するスヌーピー・イベントが開催されているのを、知っていた? 今年で17回目となる人気の催事だけに、毎年、新商品の登場を待ち遠しく思っているファンも多いそう。

2015年7月29日(水)から8月11日(火)まで、銀座三越の8階で開催される「スヌーピー in 銀座 2015」。原作コミックである「PEANUTS」の誕生から65周年にあたる今年は、「1950年代(フィフティーズ)のアメリカ」がテーマなのだとか。スヌーピーやPEANUTSのファンにとっては、懐かしいイメージが逆に新しく感じられるかも。

今回の注目は、PEANUTSの仲間たちがフィフティーズのアメリカにタイムスリップして、古きよき時代のアメリカ文化のなかに登場しているところ。例えば、アメリカならではのフィフティーズ文化を象徴する、当時のレストラン「ダイナー」。ポスター柄は、その店内に飾られた写真やジュークボックスなどのインテリアが、その頃の雰囲気を伝えるものに。

「このイベントのために描き起こした12枚のオリジナルアートを使って、さまざまな商品をご用意しました。ヴィンテージアートの絵柄は、とってもかわいいですよ」と、担当者さん。

アメリカのテーブルウェアを代表する「Fire King(ファイヤーキング)」とのコラボ企画では、「Fire Kingスタッキングマグ」(4644円)が登場。

1950年代のオープンカーに乗ったスヌーピーとチャーリー・ブラウンが、ちょっと新鮮なイメージに。


スヌーピーがプリントされたクッキー入りの「瓶入りプリントクッキー」(1350円)は、ガラス瓶に1950年代のヴィンテージアートを使用。

このほかに、「ブリキトレイ」(497円:直径8cm)や「ステンレスボトル」(2808円)など、食卓で活躍しそうなオリジナルグッズも多数揃っているとか。


素材にこだわって作り上げる「イクミママのどうぶつドーナツ!」からは、2014年に初登場して売り切れが続出した限定ドーナツの新作が登場。クールな表情のジョー・クールやウッドストックが、おいしい「スヌーピードーナツ各種」(各361円から)になって、目も舌も満足させてくれそう。

8月1日(土)、5日(水)、8日(土)には、スヌーピーもやってくるので写真撮影したいなら、このタイミングで。

1950年代のアメリカをイメージしたグッズに囲まれたら、PEANUTSの仲間たちと一緒にタイムスリップできるかも。

(C)2015 Peanuts Worldwide LLC