業績の伸びに株価が追いつかない 低PERが続く低リスク株を狙おう! 今回は注目の2銘柄を紹介!

写真拡大

 ここでは業績がしっかりと伸びているのにPERが、日経平均株価(7月16日現在のPER16.4倍)以下の野村HDとリコーを紹介する。

「発行総額が約5000億円となるトヨタの優先株を一手に引き受けている点や、9月以降に予定されている大型IPOの主幹事でもある野村HD(8604)は、相場状況が悪くても、好業績が見込めます」(株式ストラテジスト岡村友哉さん)

 さらに、リコー(7752)も安定した成長性と中期経営計画でROE向上を目標にしており、岡村さんはその点に注目しているという。

 ところで、今好評発売中のダイヤモンド・ザイ9月号には、「3万円台から買える!出遅れ10万円株」の記事が載っている。様々な視点から選んだ出遅れ株が満載だ。また、出遅れ株以外にも、増配と値上がり益が狙える「増える配当&上がる株価!ダブルチャンス高配当株」、別冊付録「桐谷さんの株主優待目的別ベストチョイス100」「最新版・株主総会おみやげ図鑑&気になる総会生中継」など、株の情報が満載となっている。さらに注目は「桐谷さんが挑戦!自腹50万円のデイトレバトル」。桐谷さんは儲けたのか、損をしたのか…。ダイヤモンド・ザイ9月号もぜひ読んでみてほしい。