【映画『HERO』】あなたは誰タイプ? 『HERO』診断で盛り上がったオフ会レポ【福岡編】

写真拡大

映画『HERO』の公開を盛り上げようと緊急開催が決定したオフ会。

【動画】映画『HERO』予告編を見る

名古屋、大阪に続いて全国3都市目となる福岡でのオフ会は10代から、50代まで幅広い年齢層のファンが参加し、それぞれに『HERO』の面白さを熱弁してもらいました。

九州では映画『HERO』公開記念として、ウェブサイトで公開されている『HERO』診断が話題に。自分の名前から『HERO』の誰タイプかが診断できるもので、オフ会参加者のみなさんにも誰タイプだったのか、発表してもらいつつ会話が進んでいきました。

――まずは映画に期待するところは?

たんちゃん「『HERO』診断は一ノ瀬事務官のたんちゃんです。実直で従順で出しゃばらないタイプ(笑)。今回の映画は治外法権で大使館が主な舞台。外国の方の事件を日本の検事がやるということで、どのように解決するのか気になります。

麻木さん(北川景子)も出るけど、いちばん重要なのは雨宮舞子さん(松たか子)ですね。あの人をキーポイントにした映画に私はなっていると今回は思います」

ふたりは結局、結ばれるのか……予告編でも「久利生さんお話があります」って出てきますよね、結局映画はそれの答えが出ると思うんです。

――もし、答えが出なくても許せますか?

「出なかった時はまた(劇場版のラストの時みたいに)”きゃぁー”って言います。そして”なぜですか?”と聞きたいです。”続きがあるんですか?”と」

一同(笑)。

ちびさっちゃん「雑誌か何かで“エンドロールを最後まで見たほうがいい”書いてあって、そこは気になります。絶対、最後まで立てないな。診断で私は牛丸次席でしたが、結局娘は出てこないのですかね? そこは出てほしいような気がします」

さゆり「診断は「絶対にあきらめない久利生公平」でした」

一同「おおっ!」

「期待するところは雨宮と久利生の行く末で、事件がすっぱり解決するように、ふたりの関係もすっぱりと解決してもらいたいなというのと、あと、牛丸次席の娘は誰なのだろう、あの人しか考えられないけど、それをちゃんと確認したいという思いがあります」

たんちゃん「みなさん、そこは気になりますよね」

あまゆり「診断は警備員の杉さんでした。“食べるの大好き、ふとっちょ”って書いてありました。なんか自分のこと書いてあるみたいで恥ずかしい(笑)。みんなの夜食も必ずいただくみたいな(笑)。

映画でいちばん期待しているのは、今まで事務官の雨宮舞子は見てきたけれど、検察官になった雨宮さんの姿がスクリーンで見られるというのが、すごく嬉しいです。事務官というサポート的立場だったのが、久利生さんと同等になる。すごく楽しみですね。

また今までは城西支部のメンバーがどこかで対立するというのも検察庁の中とか、政治家とかだったのですが、今回は外務省と対立するというのもあって、渋い佐藤浩市さんと木村拓哉さんがどのように対峙していくかもすごく楽しみにしています。」

ちなみにあまゆりさんはドラマのシーズン1を見ていたとき、検察に出入りする仕事をしていたと言う。

「実際の検察の話を聞きながらドラマを見ていて、現実とドラマの世界の違うところ、同じところがすごく面白く感じました。私が思うに『HERO』に出てくるような検察官はいなかったです。でもあんな事務官はいっぱいいました。私がよく会っていた事務官は遠藤さんと末次さんを足して2で割ったような感じの人で、ちょっと「オラオラ感」があって「検事にも意見言うぜ」みたいな人でした(笑)。

「ドラマ見てどう思います?」ってその事務官に聞いたら、「いやあ、もうちょっとかっこよく事務官描いてほしい、検事ばかりがフィーチャーされて……」みたいなことは言っていました(笑)」

福岡地区では、木村拓哉演じる"久利生公平愛"が強かった!

みぞぐ「診断は牛丸次席でした。久利生検事じゃないんだ、ってちょっとショックでした。『HERO』が好きな理由は、久利生検事の最後まであきらめない、小さなことでも真剣に調査している姿がとてもいいと思いました。」

――久利生さんみたいな人が近くにいたら、どう接したいですか?

「えっ、もうつきあいたいです(照れ笑)」

しばやん「私はもともと木村拓哉さんが好きなのもあるんですけど、最初の第一話を見たときにかっこよくて、面白くて、正義感にあふれていて、ホントに鳥肌が立つほど感動しました。久利生さんが好きなところはどんな人にも立ち向かっていく姿です」

たっくんLOVE「私はもともと木村君ファンで、『HERO』を見始めました。久利生さんの見た目と仕事ぶりのギャップも素敵ですが、すごく誠実で、一生懸命に真実を突き詰めようとする姿とか、被疑者と真摯に向き合い、心に向かって話すところとか、言葉、セリフが見ている私達に豪速球のようにズバッときて、ビリビリきます。

久利生検事は何年たっても考え方とかブレていない。

そういう彼を最初、城西支部の人たちは「なんでこんなやつとやらなければならないの」といった感じだったのに、その熱がワッと広がって、みんながギュッとひとつになって事件を解決していく姿がすごい素敵だな、と思います。

でも恋愛的なところは、久利生検事は超草食系。

「もっとがんばれ!」と思いますが、やさしさが素敵なところはありますね。四つ葉のクローバーを取ってあげたり、シーズン2で麻木さんと熱海に行ったときのエピソードで、麻木さんの具合が悪くなって寝てる時、久利生がカギのチェーンがチャラチャラ鳴らないように手で押さえて部屋から出たんですよ。そこが「素敵!」と思いました」

えが「私も木村さん大好きで、ドラマは全部見ていました。検事役と聞いてはじめすごく固いドラマなのかなと思っていましたが、見て行くとドキドキ、ハラハラもするけどコミカルで面白く、見終わったあともほっとする。ドラマでは恋愛の要素があんまりないとおっしゃる人も多いですが、木村さんのアップの眼力はキュンキュンして、たまりません」

あや「私はもともとSmapが好きで、木村さんのドラマなら間違いないかなと思って『HERO』見始めました。ドラマの中で特に好きなのは「あるよ」エピソードで、前回の劇場版の翻訳機械「彼女を離すなよ」「離しません」は、ああ、いいなと(笑)」

「あるよ」で言えば、福岡では天神のイムズ13階のレストランバー「HAKATA ONO」にて、『HERO』に登場するバー「St.George’s Tavern」を再現。

8月15日までドラマで北川景子さん演じる麻木千佳が薦めたフォーをモチーフにした「疲労(HERO)回復フォー」(680円)、今作の映画の重要アイテム「ソーセージ」にちなんだ「ソーセージ盛り合わせ」(980円)、松たか子さん演じる雨宮舞子が土産に持参する「たこタコス」の博多版「博多たこタコス」(680円)など、オリジナル料理やドリンクが用意されるとのことなので、映画を見終った後に立ち寄って注文してみるのもいいのでは。