仕事で夜遅くまで働いたり、子育てに時間を取られたりと、自分の時間が持てずなんとなくイライラしながら毎日を送っていませんか? 本当は休みたいけれど休んでいられないという人には、ストレスを解消し、免疫力をアップするパントテン酸を含む食品がおすすめ。パントテン酸の効能について詳しく見ていきましょう。

パントテン酸はエネルギー代謝を助ける

「パントテン」とはギリシャ語で「どこにでもある」という意味で、文字通りさまざまな食品に含まれます。パントテン酸はビタミンB群の一種で、補酵素コエンザイムAの構成成分。コエンザイムAは炭水化物、脂質、たんぱく質のエネルギー代謝を高める物質なので、全身の細胞や組織が健康に保たれるのです。また、パントテン酸は善玉コレステロールの生成を促進するはたらきがあり、体内の余分なコレステロールが血管に付着しないようにするので、動脈硬化予防になるともいわれます。

パントテン酸はストレス解消ビタミン

ストレスを感じたときには、抗ストレスホルモンである副腎皮質ホルモンが副腎から分泌されます。その結果、血糖値が上がり、糖質が体のエネルギーに代わるのでストレスが緩和されるのです。パントテン酸はこの副腎皮質ホルモンを作り出したり、分泌を促したりするはたらきがあります。ビタミンC、ビタミンEにも抗ストレスホルモンの分泌をサポートするはたらきがあるので、一緒に摂るとよいですね。

パントテン酸を多く含む食品は?

パントテン酸はレバーに多く、特に鶏のレバーにもっとも多く含まれます。卵の卵黄、納豆、たらこ、いくらうなぎにも豊富です。野菜ではアボカド、モロヘイヤ、カリフラワーなどに含まれ、干ししいたけ、とうがらし、抹茶などからも摂取できます。パントテン酸はさまざまな動物性食品、植物性食品に含まれるほか、体内でも腸内細菌によって作られる成分なので、欠乏することはほとんどありません。ただし、妊娠中や授乳中の女性は不足しがちです。意識してパントテン酸を多く含む食品を食べるようにしましょう。


writer:松尾真佐代