クリス・プラット、病気の子供達を訪問

写真拡大

クリス・プラットが先週末に入院している子供達をサプライズ訪問した。

以前にも休みを取って訪問

ルイジアナ州のアワ・レディ・オブ・ザ・レイク・チルドレンズ・ホスピタルを訪れたクリスは、自身が出演している『ジュラシック・ワールド』でヴェロキラプトルを調教したシーンを再現してみせたり、サインをあげたり、ゲームをしたり、ベッドにいる子供たちの横で時間を過ごしたりと、子供たちと触れ合ったようだ。

同病院はフェイスブックに「『ジュラシック・ワールド』や『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』で最も知られる俳優クリス・プラットが最新の映画撮影から休暇を取り、我がワン・レディ・オブ・ザ・レイク・チルドレンズ・ホスピタルの素晴らしい子供たちを訪問してくださいました」「患者の皆さんはみんな笑顔でしたし、その訪問とジュラシック・ワールドのグッズのプレゼントで子供たちを元気づけてくださったクリスに本当に感謝しています」「この訪問をアレンジしていただいたチルドレンズ・ミラクル・ネットワーク・ホスピタルズに感謝します」と書き込んでいる。

自身も妻アンナ・ファリスとの間に2歳の息子を持つクリスは、以前にも休みを取って子供たちを訪問したしたことがあり、3月には、スーパーボウルの試合結果を巡って、シアトル・シーホークスを応援するプラットとニューイングランド・ペイトリオッツを応援するクリス・エヴァンスとの間で賭けを行った結果、惜しくも優勝を逃したシーホークスを応援していたプラットが賭けの約束通りスター・ロードの姿でボストンにあるクリストファーズ・ヘブン治療施設を訪れ、子供たちを驚かせていた。この訪問には勝者であるニューイングランド・ペイトリオッツを応援していたエヴァンスも同チームのユニフォームを着て後から駆けつけていたようだ。

さらに、昨年8月にはロサンゼルスにある小児病院に入院するディラン・プランティ君を訪れ、『LEGO(r)ムービー』の脚本を読みあっていた。

Written&Photo by bangshowbiz