2014年のかき氷ブームに続き、15年のトレンドはスノー系アイススイーツ 写真右下はICE MONSTERの「マンゴーかき氷」

写真拡大

アイス好きが集まり、あらゆる"氷菓"情報を発信する「日本アイスマニア協会」(東京都港区)は、2015年夏に流行するのは新ジャンルのかき氷と予想している。氷ではなくアイスを削り、雪のようなフワフワ食感が特徴で、同協会はこれを「スノー系アイススイーツ」と呼ぶ。年間1000本のアイスを食べるアイス評論家で、同協会アイスマン福留代表は、4つのスノー系アイススイーツを紹介している。

3か月で320万杯売れたミスドの「コットンスノーキャンディ」

台湾のかき氷店「ICE MONSTER(アイスモンスター)」は、15年4月、東京・神宮前の「表参道」に日本初上陸を果たすと急速に話題となった。マンゴーのアイスブロックを極限まで薄く削り、マンゴーのシャーベットやソースを絡めマンゴー果実などをトッピングした「マンゴーかき氷」は、福留氏によると「軽いのにズッシリとした、新雪のような食感」。価格は1500円。米CNN放送の番組や米旅行専門誌などにより世界のスイーツトップ10に選出され、台湾では"世界一のかき氷"とも評されている。

このスノー系アイススイーツの「元祖」とされるのは、ミスタードーナツの「コットンスノーキャンディ」だ。専用の機械でアイスを薄く柔らかくスライスすることで、口に入れた瞬間に綿雪のようにフワッととける。14年に発売され、3か月で320万杯以上を販売した。濃厚な味わいも特徴だ。マンゴー、ストロベリーと、その2種類のミックスに加え、15年は夏限定で新たにチョコレート、グリーンティが登場。価格(税別、以下同)はいずれも520円。チョコレートにはクッキーとホイップを、グリーンティには白玉とあずきを、それぞれトッピングしたメニューもある。こちらも夏限定で、価格は620円。

一方、カジュアルイタリアンレストラン「カプリチョーザ」のファミリー向けチェーン「ハッピーパスタ by カプリチョーザ」では「スノーアイス」と名付けたふわふわかき氷を提供している。アイスマニア協会のおすすめは「ハッピーティラミス」で、こちらは、薄くフワフワにスライスしたチョコレート味の氷に、滑らか食感のマスカルポーネ、コーヒーアイス、ビスケットを添え、イタリア風に仕上げられている一品。フルーツやアイスクリームが贅沢にトッピングされており、福留氏は「例えるなら"雪のパフェ"」と評している。価格は980円。

自宅で手軽に楽しむスノー系もある。全国のスーパーで買える井村屋の「新食感ふわっとかき氷の素」は、カップごと凍らせてかき氷機で削るタイプ。味は練乳とソーダの2種類。つぶあんやフルーツなどをトッピングしても楽しめる。価格は130円。