Doctors Me(ドクターズミー)- 犬のワクチン接種、どれを受ければ良い?

写真拡大

狂犬病ワクチンは年に1回の摂取を!

ワクチン接種は、伝染病を予防、重症化させないために必要なものです。犬のワクチンには狂犬病ワクチンと混合ワクチンがあります。狂犬病ワクチンは、狂犬病予防法により生後91日以上のワンちゃんに接種が義務つけられています。ワンちゃんの体調の良い日に必ず年に1回、接種を受けましょう。

混合ワクチンは義務ではありませんが、ワンちゃんの健康を考える上で接種をお勧めします。

混合ワクチンの種類とその効果は?

混合ワクチンでは、次のようなものが予防できます。

1. 犬ジステンパー
2. 犬アデノウイルス儀心鏡症(犬伝染性肝炎)
3. 犬アデノウイルス況心鏡症(犬伝染性咽頭気管炎)
4. 犬パラインフルエンザ
5. 犬パルボウイルス感染症
6. 犬コロナウイルス感染症
7. 犬レプトスピラ感染症

中でもジステンパー、犬伝染性肝炎とパルボウイルス感染症は犬にとって重篤な症状を引き起こし、時に死亡することもあるため、最低でもこれらの感染予防のワクチン接種が推奨されます。

一般的に、基本になるのは1〜5までを含んだワクチン(5種)で、それに加えていく形になります。ただし、ワクチンの種類が多ければ多いほうが伝染病の予防になりますが、副作用のリスクも高くなります。

レプトスピラ感染症ワクチンは必要?

レプトスピラ感染症はネズミが運び屋となり、人にも感染します。川や池、田んぼ等で感染することが多く、アウトドアによく行くワンちゃんは危険性が高いため、レプトスピラまで予防できるワクチンを接種するようにしましょう。

しかし、レプトスピラのワクチンは、効果を高めるための物質と一緒にしたワクチンのため、副作用が強く出てしまうこともあるので、注意が必要です。逆に、外出の少ないワンちゃんはレプトスピラを無理に摂取する必要はありません。このように、ライフスタイルにあわせて、摂取するワクチンの種類を選びましょう。