写真提供:マイナビニュース

写真拡大

永青文庫と春画展日本開催実行委員会は9月19日〜12月23日、「SHUNGA 春画展」を開催する。

「春画」は、江戸時代に「笑い絵」とも呼ばれ、性描写と笑いが同居したユーモアで芸術性の高い浮世絵。特に海外から高い評価を得ており、2013年から2014年にかけて大英博物館で行われた「春画 日本美術の性とたのしみ」は大きな話題を呼んだという。

今回、日本で初めて開催する春画展は、海外からは大英博物館およびデンマーク、また日本の美術館や個人コレクションから、鈴木春信の清楚、月岡雪鼎の妖艶、鳥居清長の秀麗、喜多川歌麿の精緻、葛飾北斎の豊潤といった春画の名品120点(前後期)を5つの章に分けて展示する。

「版画の傑作」はもちろん、人の手で線と色を書きだされた「肉筆の名品」が約38点展示されるほか、縦9cm、横13cm弱の小さな春画を集めた「豆判の世界」なども紹介される。浮世絵の大家たちによる作品や徳川将軍や大名家の絵画を担った狩野派の作品など、大名から庶民にまで広く愛された春画が一堂にそろった展示会となる。

出展作品は120点で、前期(9月19日〜11月1日)に約60点、後期(11月3日〜12月23日)に約60点が公開される予定。

開館時間は9時30分〜20時(入館は19時30分まで)、日曜日は9時30分〜18時(入館は17時30分まで)。休館日は毎週月曜日(祝休日の場合は開館)。18歳未満は入館禁止で、入館料は大人1,500円。