「香港らしい写真」と思って撮った1枚

写真拡大

ジェットスター・ジャパンは2015年7月18日から、成田―香港便を最大週6便(往復)に拡充した。同路線は6月1日に就航。9月1日以降は毎日1往復の週7便になる予定だ。

格安航空会社(LCC=ローコストキャリア)である同社の強みは、なんといっても価格。エコノミークラスの「Starter(スターター)」であれば、成田空港から片道7500円〜(支払手数料、燃油サーチャージ、諸税が別途必要)で香港旅行を楽しめる。それならば...というわけで、ほぼ海外未経験のJ-CASTトレンド記者が6月下旬、ジェットスターで香港へ旅立った。

約4時間40分のフライト

成田発着のジェットスター便は、第3ターミナルを利用する。4月にオープンしたばかりのLCC専用ターミナルで、国際線・国内線ともLCCの各便はここを発着に使う。新ターミナルの旅客サービス施設使用料は1020円で、第1・第2ターミナル(2090円)よりも"格安"に設定されている。

出来たてホヤホヤのゲートを抜け、GK21便(エアバスA320)に乗り込んだ。左右3列ずつのシートは、意外にも窮屈に感じず、想像以上にゆったりと過ごせた。ガイドブック片手に入国カードを書きつつ、約4時間40分後、香港国際空港へ到着する。

海外経験がほぼ皆無の記者。「入国理由はSightseeing(観光)じゃないよな。でも、英語で『取材』って、どう言うんだっけ...」などと、ドキドキしながらパスポートを差し出すと、審査官は無言のまま処理。どうやら取り越し苦労だったようだ。

香港政府観光局は8月31日まで、香港訪問者を対象とした「香港Summer Fun - SHOP EAT PLAY」キャンペーンを実施中。空港では、このキャンペーンの「ウェルカムパック」が配布されている。これを空港内の交換スペースで提示すると、時計やディナー券、ショッピングクーポンなど総額50億円分の賞品が、なにかしら抽選でもらえる。

記者が受け取ったのは、裏に両面テープが張られている、柔らかい素材のもの。説明をよく見ると、どうやら携帯電話に張り付けるパスケースのようだ。帰国したら、iPhone(アイフォーン)に取り付けて、「おサイフケータイ」気分を味わってみよう。

かつての名残を楽しむ

今回の宿は「イビス香港セントラル&シェンワン」。フランスを拠点に世界展開するホテルグループ「アコーホテルズ」のエコノミーホテルブランドだ。香港らしい街並みを味わえるシティビューか、海を一望できるオーシャンビューを味わえる550の客室を備えている。

ホテルから繁華街の中環(セントラル)までは、トラム(路面電車)で10分ほどの立地だ。130年近い歴史を持つ「スターフェリー」の乗り場へも、20分ちょっとで移動可能。「スターフェリー」では、香港独特の「モワッ」とした湿気の多い熱気と、潮風を感じながら、香港島と九龍半島の移動を楽しめる。

イギリス植民地や日本統治時代の面影は、いまも香港各地に残っている。たとえば、警察籙だった建物を改装した「PMQ」。元々この地には、かの孫文も通ったという学校「中央書院」があったが、第二次世界大戦で損壊。戦後になって、警察施設が建てられた。その建物が、現在は新進気鋭のデザイナーたちの展示販売スペースとなり、若者向けの新スポットとして活用されている。

そして、忘れてはいけないのが「食」。ホテルから徒歩数分の老舗喫茶店「海安珈琲室」では、異国ながらどこか懐かしい雰囲気のなか、香港風のミルクティーやフレンチトーストに舌鼓を打てる。

これだけ楽しんでも、国内旅行と大差ない旅費。(主に金銭面で)海外旅行をためらっていた記者も、帰りの便では「海外サイコー!」と思うまでになった。さて、今度の夏休みにはどこへ行こうかな――。<協力:ジェットスターグループ、香港政府観光局、アコーホテルズグループ(登場順)>