キーボードを搭載しないコンパクトなテプラ iPhoneでフル活用

写真拡大

デジタル文具などを手がけるキングジム(東京都千代田区)は、ラベルライター「テプラPRO(プロ) SR5500P」を2015年7月31日に発売する。価格は1万8000円(税別)。

単3型乾電池6本で駆動、電源のない場所でも使える

シリーズ初のBluetooth接続に対応。iOS端末のみ対応の無料アプリ「TEPRA LINK」でiPhone/iPadなどからラベルを作成、ワイヤレスで印刷できる。手書き入力、端末に登録された連絡先から宛名ラベルの作成、実寸大プレビュー機能などを備える。従来の横書きに加え、縦書き印刷をサポート。また、パソコン(PC)用ラベルソフト「SPC10」と「TEPRA LINK」で、「Google翻訳」を活用した英語や韓国語、中国語など17言語の翻訳機能を新搭載した。

サイズは54(幅)×146(高さ)×132(奥行)ミリとコンパクトで、オフィスや家庭など様々なシーンで活用できる。電源はACアダプターやUSB接続による給電に加え、別売の単3型アルカリ乾電池×6本での電池駆動にも対応。電源やPCのない場所でも使用可能だ。ACアダプター、試用PROテープカートリッジ、USBケーブルなどが付属する。カラーはブルー。