第一線の指揮者が、アベノミクスの行方を語る

写真拡大

企業広報戦略研究所は2015年7月29日、シンポジウム「成長戦略が切り開く〜アベノミクスで進むコーポレートガバナンス改革・国家戦略特区〜」を開催する。安倍政権が進める成長戦略とは、「骨太の方針」を受けた民間主導の経済成長とはどうあるべきか、第一線で活躍する識者が議論する。

西村副大臣「経済再生・財政健全化の取り組み」テーマに基調講演

進行役は慶応義塾大学の竹中平蔵教授。ゲストには、西村康稔内閣府副大臣、6月に日本取引所グループ取締役兼代表執行役グループCEO(最高経営責任者)に就任した清田瞭氏 、コーポレートガバナンス・コードの策定に関する有識者会議メンバーである経営共創基盤CEO・冨山和彦氏、国家戦略特別区域諮問会議有識者議員でボストンコンサルティンググループ シニア・パートナーの秋池玲子氏の4人が登壇する。冒頭、西村副大臣が「経済再生・財政健全化の取り組み」をテーマに基調講演を行う。

会場は大手町フィナンシャルシティ・カンファレンスセンター(東京都千代田区)。参加費は無料。定員180人。参加するには、7月26日までにメールでの事前申し込みが必要。詳しくは、企業広報戦略研究所HP内の告知ページを参照。