「GuiTaisu」

写真拡大

ビーズは、 同社オフィス・インテリアブランド「Bauhutte(バウヒュッテ)」より、ギタリストのために作られた椅子「ギタリストの椅子 GUITAISU(ギタイス) BM-112」を2015年7月23日に発売した。

椅子ごと「泣きのチョーキング」

「GUITAISU(ギタイス)」は、跳ね上げ式肘掛け、上下昇降機能、ロッキング機能と、ギターを弾くのに最適なスペックを備えた椅子だ。

跳ね上げ式肘掛けとは、ギターを弾く際に邪魔になる肘掛けを、手で持ち上げるだけで跳ね上げることができる仕組みのこと。 演奏の準備もすぐに完了する。

また、上下6センチメートルの昇降が可能なガスシリンダー式の上下昇降機能を有しており、座面を高くして弾き語り、座面を低くして前のめりのリードギターを堪能するなど、自由に演奏することができる。

さらに、可動角約15度のロッキング機能(背もたれに体重をかけると座部と背もたれが一体になって固定された状態で後方へ傾く仕組み)により、ブルースなどで行われる「泣きのチョーキング奏法」も椅子ごと行えるという。

希望小売価格(税抜)は1万8200円。