夏の熱中症対策には、こまめな水分補給が大切です。水や麦茶、スポーツ飲料以外にも、熱中対策になる飲み物はあります。水分と一緒に夏に必要な栄養も取れれば一石二鳥。ぜひ、冷蔵庫に常備して飲んでみてくださいね。

熱中症予防に必要なのは水分だけじゃない

熱中症は体温が上がってしまうことによって、汗による体温調節機能が失われた状態です。大量の汗と一緒に体の機能を正常に保つナトリウムも排出されてしまい、気分が悪くなったり筋肉痛が起こったりします。また、水分が不足することで、血液がドロドロになると血流が悪くなり、低血圧によって失神することもあります。熱中症を予防するには、水分と塩分が必要ですが、その時に糖分を補給するとナトリウムの吸収が良くなるので、水分と塩分、糖分を摂るのがいいのです。

熱中症の予防に準備しておきたい飲み物は?

暑い季節は、熱中症を予防する飲み物を常備しておきたいものです。暑さで気分が悪い時にすぐに飲んで、体に必要な水分や塩分だけでなく、熱中症を予防する栄養を補給してください。

牛乳のアミノ酸がパワーを発揮

牛乳にはアミノ酸が含まれていますが、アミノ酸には血液量を増やす働きがあります。血液量が増えると発汗が促されるので、体温の調整機能が上手く働くようになります。牛乳なら、水分だけでなく塩分も一緒に摂れるので熱中症予防に効果的です。

トマトジュースのリコピンで免疫力をアップ

トマトジュースには塩分が加えてあるので、水分とともに失われた塩分の補給にもってこいです。また、トマトには抗酸化力の強いリコピンがたくさん含まれているのも魅力的。暑いと低下しがちな免疫力をアップすることもできます。ただし、血圧が気になる方は無塩のトマトジュースを選んでください。無塩でもトマト本来のナトリウムが含まれているので効果はあります。

冷やした味噌汁も熱中症予防に効果が!

意外かもしれませんが、冷やした味噌汁も熱中症予防におススメしたい飲み物です。みそ汁には1g〜2g程度の塩分が含まれているので、脱水対策に効果的。さらに発酵食品の味噌には、他の栄養素の吸収率を上げる効果もあります。熱中症の予防には、冷やして飲むのがいいでしょう。


writer:岩田かほり