動画コミュニティアプリ「ミクチャ」が躍進したのはなぜ?

写真拡大

 スマートフォンで簡単に10秒の短編動画を撮影・編集出来るコミュニティアプリ「Mix Channel(ミックスチャンネル)」、通称「ミクチャ」が、若者の間で圧倒的な支持を集めている。アクティブユーザーの90%が10代で、月間動画再生数は5億5000万回を突破している。この短い動画を作るツールとしては6秒動画の「Vine」が有名なところだが、ミクチャはそれより4秒長いため、それに応じた新たなコミュニケーションが可能だ。

 現在、この「ミクチャ」を利用して恋人との記念日動画やキス動画、ハグ動画などをアップロードする女子中高生が増加中だという。なぜ10代の若者たちは「ミクチャ」にハマるのか。IT系企業で開発担当をしている男性(29歳)は、「ミクチャ」の新しさについてこう分析する。

「1年半ほどでここまで成長するとは正直驚いています。例えば、YouTubeで一般の人が動画を投稿して人気者になるには、なにか一芸がないとうまくいかないため、参入するにはハードルが高い。芸はないけど注目を集めたい場合は、ニコニコ動画の生主(ニコニコ生放送を配信する人)たちのように、過激なことをしてしまいがち。

 一方でミクチャの場合、『ファン』になるという機能があるので注目です。ただ恋人とのイチャイチャ動画をアップするだけファンになってもらえる。それも、“僕たち、私たちカップル”のファンになってくれるという感覚が新しい。だから恋人と一緒にファンからの反応をチェックして楽しむことができるんです」

 また、別のIT系企業に勤務する男性(27歳)も、「ミクチャ」人気の背景についてこう語る。

「動画系サービスで成功するのは業界でもかなり難しいと言われていますが、月間利用者数約400万人、8割が女性ユーザーというデータには驚愕します。とくに、日本人は公の場であまりキスとかをしませんし、ネットでも外国人ほど恋人とのラブラブな投稿をしませんよね。

 でもミクチャは、こういうことに抵抗がない“マイルドヤンキー層”のニーズをうまく汲み取ったのではないでしょうか。ライブ配信サービスの「ツイキャス」(TwitCasting)もそうですが、動画サービスはネットリテラシーがそれほど高くない層でも簡単にできますし、ミクチャはニコ動よりも『リア充空間』を演出しているので女子人気が高いのでしょう」(前出男性)

 躊躇することなく恋人との日常をさらけ出す若者たち。表現したい、評価されたいという欲求を叶える表現の場として「ミクチャ」が果たしている役割は小さくないようだ。