Doctors Me(ドクターズミー)- 男性から不妊治療の第1歩を!!

写真拡大

不妊の原因は男性の可能性も

日本でも近年晩婚化が進み、欧米と同様に、1年以上妊娠されないカップルは不妊症と診断し、検査や治療を早く開始するほうがよいという考えが一般的になってきています。

最近の報告では、10組のカップルのうち1組は不妊で悩んでいるとされ、その原因を見つけて早期に治療していくことが大切になってきています。

そこで、問題となる原因ですが、女性のみに原因がある場合が41%、男性・女性ともに問題がある場合が24%、男性のみに原因がある場合が24%、原因不明のものが11%とされており、男性に原因のあるものを合計すると50%近くにもなるのです。そういった実情がまだまだ知られていないのです。

近年、ようやく日本でも男性不妊症に世間の目がむけられるようになってきていますが、まだまだ認知されているというには程遠い状態です。
今回、男性不妊治療に従事する者として、このコラムが少しでも多くの方に読まれ、何かの役に立てればと思います。

思い立ったら男性がまず検査を

男性側の検査でまず行うのは、痛みを伴わない検査です。
痛みの伴う可能性がある女性側の検査ですが、女性が検査をする前に行っておくのが、パートナーに対する優しさでもあると考えます。また、検査結果も当日中にわかります。
男性側に原因があれば、早期に治療が開始できます。

さらに、女性側の治療が必要な状況でも、男性側の治療を行うことで、女性の負担が軽減されることがあります。男性側が治療せず、女性に負担をかけ続ける状況のカップルを見かけることもあり、大きな問題と思われます。
まだまだ、積極的に男性から検査する時代にはなっていないですが、男性不妊症の理解を進め、パートナーに対する思いやりをもって一歩踏み出すことが男性には必要だと思います。

男性不妊症のクリニック

男性不妊を専門として検査・治療するクリニックはまだまだ限られており、なかなか受診する機会がないのが実情かもしれません。
私の勤務する「恵比寿つじクリニック」では、気兼ねなく相談ができる環境を整え、積極的に男性側から検査・治療を行うことを促しています。思い立ったら男性から検査です!

※助川先生への相談はDoctors Me上では行っておりません。ご注意ください。