キレイな肌を保つためにスキンケアに気を使う男性も多いと思います。でも男性の場合、何となくのイメージでケアしていることも多いものです。もしかしたらそんなスキンケアが逆効果になっているかもしれません。ここではついやってしまいがちな男性にありがちな間違ったスキンケアを挙げてみます。

多すぎる洗顔は皮脂の落とし過ぎに

脂ぎったテカテカ肌を何とかしたいと、1日に何回も洗顔していませんか? 洗顔のし過ぎは必要な皮脂まで落としてしまい、肌の乾燥によるトラブルを招いてしまいます。洗顔は朝と夜、1日に2回で十分です。皮脂は肌を守るために必要なものなので、落とし過ぎないようにしましょう。洗顔後に肌がつっぱる感じがあったら、顔の洗い過ぎと考えてください。

洗顔は手で顔をこするものと思っていない?

洗顔の時に手で肌をゴシゴシ擦っていませんか? こすることで汚れが落ちると思いがちですが、そうではありません。あくまでも汚れは泡で落とすようにしましょう。ゴシゴシこすると肌の負担となり、肌トラブルにもつながりかねません。また、必要な皮脂まで落としてしまいます。肌がつっぱってしまう場合、洗顔料が強すぎることが原因かもしれません。できるだけマイルドに洗える洗顔料に代えてみましょう。スクラブ入りの洗顔料もできれば控えたいもの。汚れが落ちる印象はありますが、逆に肌を傷つけてしまいます。

水けを取るのにタオルでゴシゴシ拭き取るのもNG

洗顔後、顔の水けを拭うためにタオルでゴシゴシ拭き取っていませんか? 洗顔時のゴシゴシ洗いと同じ理由で、肌トラブルを招いてしまいます。洗顔後は、吸水性の高いタオルを肌の上から、直接当てるようにして水けを取りましょう。

あぶら取り紙や顔拭きシートの使いすぎもダメ

顔がテカるのを防ぐために、あぶら取り紙や顔拭きシートを使う方も多いのではないでしょうか。でも、使いすぎはやっぱり皮脂の取り過ぎにつながってしまいます。特に、顔をこすってアブラを取るクセがある場合、肌を傷つけることにもなってしまいます。顔のアブラが気になる時は、ハンカチやティッシュで上から優しく押さえるようにして、アブラを取り去りましょう。


writer:岩田かほり