Doctors Me(ドクターズミー)- 猫エイズの正しい知識を身につけよう!

写真拡大

猫エイズは人にはうつらない? 

エイズとは生後にウイルスの感染が原因となって免疫が低下してしまう病気です。猫にも人にもあり、人に感染するウイルス(HIV)と猫に感染するウイルス(FIV)とがあり、非常に構造は似ていますが同じウイルスではないので、猫のウイルスが人にうつったり、またその逆もありません。このウイルスはそばにいるだけで伝染することはなく、咬みついた傷口や交尾行動により感染してしまいます。

感染するとどうなるの?

FIVの感染を受けると、免疫が落ちることで日和見感染症などにかかりやすくなり、呼吸器疾患、口内炎、腸炎、あるいは貧血、腫瘍などの症状が出やすくなります。症状は徐々に数年にわたって現れてきて衰弱により死亡します。

感染を受けると、

1.ウイルスが活発に活動し、猫の免疫と激しく闘う時期(第1ステージ、急性期)
2.健康な猫と変らない時期(第2ステージ、無症状キャリア期)
3.エイズ関連症候群といわれる症状が出る時期(第3ステージ)
4.免疫不全症に陥る時期。猫エイズ発症(第4ステージ、終末期)

という経過をたどります。

感染の有無を調べる方法は?

感染したかどうかは血液を用いて、このウイルスに対する抗体を検査します。この検査は感染後1、2か月経たないと陽性とならないので、初回検査のさらに2か月後に再検査する必要があります。
またワクチンを接種した猫はこの方法では陽性になってしまうので、PCRという方法を用いた検査が必要です。生後半年以下の子猫では親から母乳を介して受け取った移行抗体があるために抗体検査では陽性になることがあるために、生後半年以降に検査する必要があります。

気になる治療法と感染の予防法とは?

治療には逆転写酵素阻害剤がありますが、副作用や効かない場合もあり、あまり使われていません。出てきた症状を緩和するための対症療法が主体となります。
また、FIV感染はほかの猫とのけんかや交尾によりおこるので、感染させないためには完全室内飼育とし、新たに同居を始める場合には導入される猫が感染していないことを確認のうえで同居させるようにすること、予防接種をしているかどうかわからない猫との接触を避けることです。
さらに、避妊去勢をしておくと、万が一屋外に出た場合のリスクを減らすことができます。