“じゃない方”返上へ…浦和FW武藤がA代表初招集「とても光栄」

写真拡大

 東アジア杯を戦う日本代表メンバーが発表され、浦和レッズからは5名が招集された。代表初招集となったFW武藤雄樹は公式サイトを通じ、「とても光栄ですし、驚いています。日の丸を背負ってプレーする喜びや責任を感じながら、日々の練習から取り組んでいきたいと思います」と意気込みを語った。

 “じゃない方の武藤”を返上だ。武藤は今季より仙台から浦和に加入。開幕戦からスタメン出場し、ここまでチーム最多の9得点を記録。第1ステージ制覇に大きく貢献した。

 しかし、同姓のFW武藤嘉紀(FC東京→マインツ)に話題をさらわれることが多く、武藤雄樹本人も「“じゃない方の武藤”がやりました」などと自虐ネタにするほどだった。

 ただA代表に選出されたことで、知名度はますます上がるはず。26歳にして掴んだチャンス。もう“じゃない方”とは呼ばせない。


●東アジア杯2015特集