世界初の「気候変動難民」申請が却下されるまで:ニュージーランド最高裁

写真拡大

ニュージーランド最高裁は、世界初となる「気候変動難民」認定を求めていたキリバス人男性の訴えを退けた。キリバスは海面上昇が進むと国土が消滅する恐れがあり、現在すでに洪水や高潮などに悩まされている。

「世界初の「気候変動難民」申請が却下されるまで:ニュージーランド最高裁」の写真・リンク付きの記事はこちら

ニュージーランド最高裁判所は7月20日(現地時間)、キリバス人男性の難民申請を却下する判決を下した。キリバスは、ニュージーランドとハワイの中間にある太平洋上の小島で、気候変動に伴う環境悪化に苦しんでいる。

人口約10万人のキリバスは33の環礁からなるが、海抜はわずか2〜3mで、現在は真水不足や水質汚染、洪水、高潮などに悩まされている。

英国の元植民地であるキリバスはすでに、作物栽培のためにフィジーの土地約5,000エーカー(約20平方km)を購入しており、予想されている海面上昇が続けば、国民の移住が必要になる可能性がある。だが、そうした環境問題は、ニュージーランド政府がイオアネ・テイティオタに難民資格を与えるのに十分ではなかった。

勝訴していれば、テイティオタ氏は妻子とともに、国際社会初の決定に従って、気候変動難民としてニュージーランドに滞在できるところだった。

だが、ニュージーランドの最高裁は、キリバスに帰国しても、テイティオタ氏は、差し迫った迫害や「深刻な被害」には直面しないと判断。国際法もニュージーランドの法もいまのところ、難民資格を与える理由とはならないと述べた。

ニュージーランド最高裁は以下の裁定(PDF)を下した。「難民条約との関連において、キリバスが問題に直面しているのは間違いないが、テイティオタ氏は現在帰国しても『深刻な被害』に直面しないし、キリバス政府ができる範囲で環境悪化の影響から国民を守る措置を講じていないことを示す証拠はない」

だが、同最高裁は、気候変動が将来、ニュージーランドへの移住の「理由」となる可能性については、結論を保留した。

テイティオタ氏は、2007年に妻とニュージーランドに移住して、3人の子どもをもうけた。2011年にニュージーランドで交通違反の取締中にビザの期限切れが発覚して逮捕され、難民認定を申請した

テイティオタ氏の子ども達は2006年以降に生まれたので、移民法により、両親のいずれかがニュージーランド滞在中に法を犯すと、子ども達に市民権は与えられない。

TAG

Arstechnica USClimateChangeKiribati