浦和のFW陣からは興梠と武藤が選出された。ハリルホジッチ監督も大きな期待を寄せている。(C) SOCCER DIGEST

写真拡大

 日本サッカー協会は7月23日、東アジアカップ2015の日本代表メンバー23名を発表した。
 
 欧州組は招集せず、国内組のみの構成となった今回のメンバーについて、ハリルホジッチ監督は「長い時間を掛けてすべての試合を、すべてのスタッフで視察した。50人のリストから若い選手をたくさん選んだ」と述べ、遠藤航(湘南)、米倉恒貴(G大阪)、武藤雄樹(浦和)らが初めて代表に名を連ねた。

 武藤は浦和のホームページを通じて、「日本代表に選出していただき、とても光栄ですし驚いています。日の丸を背負ってプレーする喜びや責任を感じながら、日々の練習から取り組んでいきたいと思います。浦和レッズの代表としてがんばってきますので、応援よろしくお願いします」とコメント。
 
 また、選出メンバーには太田宏介(FC東京)や柴崎岳(鹿島)ら負傷している選手も含まれ、今後の回復状況を見てメンバーを変更する可能性があることも示唆。5節終了後に状況を見て発表するという。

 日本は、8月2日(19:20)に北朝鮮、同5日(19:20)に韓国、同9日(21:10)に中国と対戦する。
 
 東アジアカップの日本代表メンバーは以下のとおり。
 
GK
東口順昭(G大阪)
西川周作(浦和)
権田修一(FC東京)
 
DF
水本裕貴(広島)
丹羽大輝(G大阪)
槙野智章(浦和)
森重真人(FC東京)
太田宏介(FC東京)
米倉恒貴(G大阪)
藤春廣輝(G大阪)
遠藤 航(湘南)
 
MF
柏木陽介(浦和)
武藤雄樹(浦和)
山口 蛍(C大阪)
米本拓司(FC東京)
谷口彰悟(川崎)
柴崎 岳(鹿島)
 
FW
興梠慎三(浦和)
倉田 秋(G大阪)
永井謙佑(名古屋)
川又堅碁(名古屋)
宇佐美貴史(G大阪)
浅野拓磨(広島)

【Photo】東アジアカップ2015に向けた日本代表メンバー23人