暑さが続いて夏バテ気味という人はいませんか。夏バテにはいくつか原因がありますが、エアコンによる体の冷えと栄養バランスが体調不良に影響していることが多く見受けられます。ここでは夏バテしないエアコンの使いかたと暑い夏を乗り切るために必要な栄養素についてご紹介しましょう。

エアコンの設定温度に注意

暑い時期はエアコンの使用が増えて、体が冷えることが多くなります。また、室外との気温差が大きいと体温を上げる副交感神経と、体温を下げる交感神経のバランスが崩れて疲労、食欲不振、腹痛、頭痛、肩こり、腰痛、生理不順などになることも。外気温との差は5度ぐらいにエアコンの温度を設定しましょう。冷房が効いている部屋ではコーヒーや紅茶、ハーブティーなどで体を温める心がけも大切。入浴はぬるめのお湯にして、お風呂上りにも体を冷やさないように温度設定を工夫してください。

夏バテしない食生活とは?

かき氷、アイスクリーム、冷たいそば、ビールなど体を冷やす食べ物や飲み物ばかり摂りすぎないように注意しましょう。食欲がないときにはスパイスや薬味を使った料理を選ぶとよいですね。一日三食バランスのよい食事を摂ることはもちろん、食事やサプリメントで栄養素を補給することも必要です。夏バテに効く栄養素と食品をまとめてみました。

ビタミンA

細胞の老化を促す活性酸素から体を守り疲労を回復します。
うなぎ、レバー、緑黄色野菜

ビタミンB群

炭水化物を消化するときに疲労物質の乳酸を消費してエネルギーに換えます。
豚肉、レバー、枝豆、納豆、豆腐

ビタミンC

ストレスから体を守るホルモンを作るはたらきがあります。
レモン、グレープフルーツ、トマト、枝豆、モロヘイヤ、緑黄色野菜

アミノ酸

アミノ酸は筋肉の構成成分。不足すると筋力が弱くなりエネルギーが足りなくなります。
うなぎ、肉類、卵、魚貝類、大豆、大豆加工品

アリシン

ビタミンB1のはたらきを活性化します。水溶性で熱に弱いので、サプリメントで摂るのがおすすめ。
にんにく、にら、ねぎ、らっきょう、たまねぎ

クエン酸

ビタミンB1のはたらきをサポートし疲労物質の乳酸を消費してエネルギーに換えます。
酢、レモン、梅干し、グレープフルーツ

DHA・EPA

血流をよくして体を温める効果があります。
うなぎ、まぐろ、青魚

夏バテは睡眠不足も原因になります。熱帯夜が続いて眠れない夜もありますが、昼寝をするなど工夫して睡眠時間を確保しましょう。


writer:松尾真佐代