Doctors Me(ドクターズミー)- 尻尾の動きや高さでわかるワンちゃんの気持ちとは?

写真拡大

尻尾は犬のコミュニケーションツール!

犬の尻尾の動きは、今感じている感情を雄弁に物語っているといえます。犬種によって様々な形や長さがありますが、尻尾は犬同士のコミュニケーションを図る上での大切なツールでもあります。一緒に遊んでいる時、お散歩で他の子に出会った時、あなたが外出から戻った時など、尻尾はどんな表現で振られているのでしょうか。

尻尾が垂れているのは元気がない?

尻尾が垂れている時は、初めて会った犬と向き合う時や、見慣れないものを見つめる時など、何かに注目している時などです。
尻尾は自分を大きく見せるツールでもあります。斜めに上げている時は、自分を相手より優位に見せようとしている時。更に高く上げている時は、「攻撃する気があるんだよ」、「自分は強いんだぞ」というサインでもあります。
尻尾を下げて下のほうで振っている時は、何か痛みや不安を感じていたりします。
腰ごと尻尾を下げてしまっている時は、更なる不安感を表しています。
足の間に巻き込んでいる時は、恐怖を感じている時や、攻撃的な相手に対して、和平交渉をしている時だといわれています。

尻尾を振るのは友好のしるし?振り方で分かる心の動き

犬が尻尾を振りながら近づいてきた場合は、相手に対して心を許しているという話は昔からよく言われています。実際、狭く小刻みの時は、「こんにちは」といった挨拶のしるしです。大きくゆっくりは友好のしるし。大好きな相手と遊んでいる時などに見られます。
腰ごと大きく振る時は、相手にへりくだっている、甘えなどの表現です。
腰を落とし下のほうで振る時は、敬意を表している時ですので、自分より優位な相手に対して見られるようです。他にも尻尾の動きは、言葉では言い表せない表情を見せてくれているはずです。
これらを踏まえたうえで尻尾の動きを観察してみるとおもしろいですよ。