22日、台湾・聯合報によると、台湾は福島第一原発事故の後、輸入を禁止している福島、茨城、群馬、栃木、千葉産の食品について、福島を除く4県からの輸入規制を解除する見通しだ。写真は中国で売られる日本食品。

写真拡大

2015年7月22日、台湾・聯合報によると、台湾は福島第一原発事故の後、輸入を禁止している福島、茨城、群馬、栃木、千葉産の食品について、福島を除く4県からの輸入規制を解除する見通しだ。

【その他の写真】

日本メディアによると、早ければ来週解除される。台湾の担当者は「すべての食品を解禁するか、一部にするかは今後協議して考えたい」と述べた。

台湾は5月15日以降、日本から輸入されるすべての食品に都道府県別産地証明を、特定地域の一部の食品に放射性物質検査証明を明記するよう規制を強化していた。(翻訳・編集/大宮)