写真提供:マイナビニュース

写真拡大

8月8日に公開される特撮映画『劇場版 仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー』『手裏剣戦隊ニンニンジャーTHE MOVIE 恐竜さまアッパレ忍法帖!』の完成披露イベントが22日、都内で行われ、主要キャスト陣が登壇した。

本作は、毎年夏恒例の『仮面ライダー』と『スーパー戦隊』の2本立て映画の最新作。『劇場版 仮面ライダードライブ』では「サプライズ・フューチャー」というタイトルのとおり、主人公の仮面ライダードライブ/泊進ノ介のもとに、未来から彼の息子と名乗る青年・泊エイジがある重大な秘密を伝えるために登場。エイジを追って、未来から最強の敵「仮面ライダーダークドライブ」が出現し、メルセデス・ベンツとのコラボも話題になった愛車「ネクストライドロン」に乗り込む。一方、『手裏剣戦隊ニンニンジャーTHE MOVIE』では、忍びの者だけが行くことのできる「忍隠れの里」を舞台に、牙鬼軍団の侍大将・弓張重三に襲われた忍隠れ城の城主・八角辰之助を救うべく、新戦士スターニンジャーを加えた6人の活躍が描かれる。

このイベントには『仮面ライダードライブ』チームから竹内涼真、内田理央、上遠野太洸、稲葉友、クリス・ペプラー、ゲストの柳沢慎吾、『手裏剣戦隊ニンニンジャー』チームから西川俊介、松本岳、中村嘉惟人、矢野優花、山谷花純、多和田秀弥のレギュラー陣に加え、ゲストのお笑いコンビ・FUJIWARAの藤本敏史がハッピ姿で登壇。まず、竹内が「本作はキャストや製作者の想いが詰まった集大成。クライマックスへ向けた熱い映画を観て欲しいです」と呼びかけ、続く上遠野は「チェイサーの専用武器シンゴウアックスが大活躍するのでチェックしてください」と見どころを紹介した。また、稲葉は「本当にカッコイイ映画ができました。そして、最高にかわいい"ねーちゃん"(霧子)が撮れました」と、詩島剛になりきったコメントに、ファンからは大きな歓声が上がっていた。

普段、街を歩いていても「霧子だ!」と声をかけられたことがないという内田は「帽子をかぶってないから、わからないんですかね? これからは帽子をかぶってプライベートを過ごしたいと思います」とはにかむと、ファンからは「かわいい!」という声援が上がる。そして、「ベルトさん」ことクリム・スタインベルトを演じるクリス・ペプラーは「今回、いかがわしい役(悪役)を演じているので、悪っぷりをチェックしてほしい」と、これまでとは異なる「ベルトさん」をアピールした。

一方、『手裏剣戦隊ニンニンジャー』チームの西川は「劇場版では実際に屋根を走ったり飛んだりしているので見てください。とにかく熱い映画です」とアピールし、松本は「エンディングの踊りをイージーにこなしているので観て欲しいです」と見どころを紹介。また、多和田は「笑いどころも多いですが、今回は僕らニンニンジャーが忍隠れ城の人々を動かすというテーマもあり、いつもと違ったテイストも楽しんでいただければ」と劇場版ならではの展開を伝えた。

そして、お互いの作品の感想を聞かれた竹内と西川。竹内が「変身シーンが以前テレビ放送した『合体スペシャル』よりレベルアップしていて感動した。天晴の熱い部分が真っすぐに描かれている」と評すると、西川も「ニンニンジャーとは違った熱いシリアスな戦いと『ネクストトライドロン』がめちゃくちゃカッコいい! スクリーンに入り込んでしまった」と互いを絶賛していた。

さらにイベントの途中からは、劇場版ゲストの柳沢と藤本が登場。藤本は、娘がニンニンジャーの大ファンであることを明かし、イケメンが大好きな嫁の木下優樹菜もニンニンジャーに大ハマり中であることを告白。さらに「一足先に劇場版を見ましたが、終わった後、ユッキーナに『オメエだけ、超ブスじゃねえか!』と言われました」と話すと、会場は大爆笑に包まれた。

そして、劇場版では笑いを封印して演じたという柳沢は、ストレスを発散するかの如く、定番ネタを次々と披露。まず、竹内と稲葉の口論を仲裁するという体で警察無線ネタを披露し、"竹内逮捕"までの一部始終を見せつけた。さらに「甲子園」ネタや「いい夢、見ろよ!」「あばよ!」と鉄板ネタを連発し、こちらも大ウケだった。

『劇場版 仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー』と同時上映『手裏剣戦隊ニンニンジャーTHE MOVIE 恐竜さまアッパレ忍法帖!』は8月7日より全国公開。

(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

(担当ぱぴい)