撮って!遊んで!考える!「はじめての鉄道写真展」

写真拡大

鉄道写真の展示や、鉄道模型などのアミューズメントを楽しめる企画展「はじめての鉄道写真展」が、東京・浅草橋にあるTODAYS GALLERY STUDIOにて、7月31日(金)から8月9日(日)まで開催される。

【「はじめての鉄道写真展」で撮り鉄デビュー…しよ? 特大ジオラマの撮影もの画像・動画をすべて見る】

会場では、「撮って!遊んで!考える!」をテーマに、9組のアーティストによる200点を越える鉄道写真が展示されるほか、会場内はすべて写真撮影が自由となっており、会場内に設置された特大ジオラマの撮影が可能。

さらに、バンダイが販売している鉄道模型「Bトレインショーティー(通称Bトレ)」を操縦できるアミューズメントも用意され、鉄道ファンはもちろん、初心者でも楽しめる展覧会となっている。

撮り鉄デビューもできる展覧会!


展示予定作品1

展示予定作品



「はじめての鉄道写真展」は、独自の撮影ルールで敷居が高いと思われがちな鉄道の世界を、初心者や女性にも気軽に楽しんでもらうことを目的に開催されるもの。

今回が初出展となる新星アーティストから、鉄道ファン写真コンクールなどで賞を受賞している本格派まで、9組のアーティストが作品を出展する。

展示予定作品2


展示予定作品3



走行中の鉄道を真横からとらえた「流し撮り」の写真を部屋一面に張り巡らせた迫力満点の展示や、「Bトレ」によるジオラマ世界を切り取った写真など、鉄道愛に溢れた200点以上もの作品が展示される。

また、会場内に設置された特大ジオラマの撮影も自由となっているので、写真を鑑賞するだけではなく、来場者自身もカメラマンとして撮影を楽しめるという。

展示予定作品4



さらに、先着1,000名には入場者特典として、「見ると幸せになれる」と言われる新幹線の事業用車両「ドクターイエロー」のオリジナルポストカードセット(小学生以下には塗り絵バージョン)のプレゼントも用意される。

このほかにも、「Bトレ」を自由に操縦できるスペースや、色鉛筆の置かれた自由研究スペースなど、子供でも楽しめる企画も用意。年齢や経験を問わず、鉄道の世界を堪能できる展覧会となりそうだ。

展示予定作品5