ロボットが接客する「おかしなホテル」、長崎にオープン(動画あり)

写真拡大

フロントも含めてすべての接客業務をロボットが行う「変なホテル」が、長崎のハウステンボスにオープンした。ロボットバーテンダーのいるハイテクなクルーズ船とともに動画で紹介。

「ロボットが接客する「おかしなホテル」、長崎にオープン(動画あり)」の写真・リンク付きの記事はこちら

長崎県佐世保市にあるリゾート施設「ハウステンボス」で7月17日、チェックインからチェックアウトまで、すべての接客業務をロボットの従業員が行う「変なホテル」がオープンした。

到着時には、日本語を話す若い女性の人型ロボットか、英語も話す蝶ネクタイ姿の恐竜ヴェロキラプトルのロボットに迎えられる。女性の人型ロボットは、人間に似すぎてかえって不気味さを醸し出している。

ロボットはそれほど賢くないので、宿泊客は、タッチスクリーンパネルで情報を入力する。その後、ロボットのポーターが手荷物を預かり、部屋へと案内してくれる。

部屋に入ると、照明用のスイッチが見当たらないので驚くかもしれない。このホテルでは、照明を点灯・消灯したり、時間や天気予報を確認したりする場合、各部屋に置かれているチューリップ型の卓上ロボット「ちゅーりー」(以下の画像、左下)に話しかけなくてはならないのだ。

TAG

Arstechnica UKHotelJapanRobotVideo

ホテルに預かってもらいたい荷物については、製造工場によくあるような巨大なロボットアームが処理する。宿泊客が荷物搬入口から荷物を入れると、クローク係のロボットアームがロッカーに収納してくれるのだ。

普通のコインロッカーで簡単に対応できるのに、いささか大げさだと言ってよいだろう。だが、経営者の澤田秀雄社長は、人目を引くための小細工でもあるが、同時に革新だと主張する。

宿泊料金は1室9,000円からで、日本にあるほかのホテルと比べると比較的割安だ。日本のホテルには、この3倍の料金のところもある。宿泊料金が安いのは、ロボットのおかげで人件費がかなり浮くからだ。とはいえ、ロボットたちを持ち逃げされないように、保安チームを担当する人間の従業員もいる。

澤田社長は、近い将来に日本に、そして行く行くは海外に、別のホテルをオープンして、ロボットホテルのコンセプトを拡大したいと考えている。

また、「変なホテル」に配置するロボットを増やすことも検討している。例えば、ルームサーヴィスを届ける「配膳台型」ロボットや、スナックが詰め込まれた小さな瓶を運ぶドローンなどだ。

リゾートにハイテク技術が導入される例が増えている。クルーズ会社Royal Caribbean社は最近、豪華客船「Quantum of the Seas」号に、タブレットで注文するとドリンクをつくってくれるロボットのバーテンダーを配備するなど、ハイテク化を進めている(以下の動画)。

一方、英国のMoley Robotics社は、完全自動のロボット調理器「Robotic Kitchen」を開発しており、記者は最近、このRobotic Kitchenにおいしいカニのビスクをつくってもらった

TAG

Arstechnica UKHotelJapanRobotVideo