Doctors Me(ドクターズミー)- 排泄物をきちんとトイレでさせてあげる工夫はありますか?

写真拡大

快適にトイレができることのメリットは?

排泄は人間にとって大切な生理現象であり、できれば最後まで自分のことは自分で済ませたいところです。しかし年をとると身体の機能や感覚が衰えてきて、トイレに行くのが億劫になったり、尿意や便意が鈍くなったり、認知症などで尿意や便意があっても、それがトイレに行く動作につながらない人もいます。
また、介護する側にとってもトイレは臭いや汚物を扱うといったことから、負担が大きい介助の1つともいえるでしょう。
介護する側もされる側も、快適にトイレが済むことはお互いの負担軽減になります。失敗なくきちんとトイレができるコツを紹介しましょう。

声をかけるタイミングを工夫する

相手の排泄のタイミングに合わせて声をかけると、スムーズにトイレに誘導できます。
また、何かをきっかけに誘導することもいいですね。例えば、起床時や食事の前後・寝る前など一般的に排泄に行きたくなる時や、立ったついでにトレイに行くなど、何かと動くことに億劫になりがちなお年寄りにはよいでしょう。
認知症など、なかなか行きたい気持ちがあっても、どうしたらいいか分からない場合は、行きたそうなサインを見逃さないように誘導できるといいですね。そわそわしたり話しているのに急に上の空になったり、急に立ち上がってウロウロしたり、ひと気のない隅の方にいる時などはトイレかもしれません。やさしくそっと声をかけて誘導してあげましょう。

トイレに行きやすい環境をつくる

トイレの場所が分からない、または暗い、寒い、便座が冷たいなどで、トイレに行きたがらない場合もあります。トイレの案内表示を分かりやすくする、明るく入りやすい雰囲気をつくる、使い方や手順を分かりやすく表示するなど、トイレに行きやすい環境をつくることも大切です。

トイレがしやすい工夫も大切

男性など便器の外に失敗してしまう方は、立ち位置に足型などの印をつけておくとうまくいくことが多いです。また女性など小柄な方は、便器に座った際に足がつかず踏ん張れないことがあるので、足下に台や漫画など厚みがあり安定するものを入れておくとよいでしょう。その際、立ち上がりには注意しましょう。

まとめ

規則正しい排泄は、規則正しい食事からです。バランスの良い食事を、だいたい同じような時間で、水分もしっかり摂ることが、良い排泄にもつながります。気持ちの良い排泄のため、その方の苦手なところを見つけ、サポートしてあげるようにするとよいでしょう。