©2015 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

写真拡大

ピクサー次回作『アーロと少年』の予告編が公開されました。

【動画】ピクサー『アーロと少年』予告編解禁! 注目ポイントを徹底解説

恐竜と人間が共存する世界で起こる、甘えん坊の恐竜アーロと言葉を持たない人間の少年の出会いと冒険を描く期待作。

今回は『アーロと少年』の情報をいち早くご紹介します。

邦題は『アーロと少年』に! 公開日も決定!

これまで、原題「グッド・ダイナソー」(”The Good Dinosaur”)と呼ばれてきた最新作の日本語タイトルがついに発表されました。

邦題は『アーロと少年』。

恐竜アーロと人間の少年の交流を描く作品をストレートに表現したタイトルになりました。

そして、日本での公開日も決定。

来年の春休み、2016年3月12日(土)に全国ロードショーされます。

まだ『インサイド・ヘッド』が公開されたばかりなのに、次回作の公開日が決定しました。

ピクサー作品をこんなに早いペースで観られるなんて嬉しいですね。

もしも、隕石が地球に衝突せず、恐竜が絶滅をまぬがれていたら?

おもちゃの世界、車の世界、モンスターの世界…と常に新しい世界での冒険物語を描いてきたピクサー。

7月18日には、人間の頭の中を舞台に、感情たちを描いた『インサイド・ヘッド』が全国公開され、ピクサー最高傑作との呼び声もあがっています。

そんなピクサーが長編第16作目として描くのが、“もしも、隕石が地球に衝突せず、恐竜が絶滅をまぬがれていたら? ”という世界。

恐竜と少年の冒険物語をピクサーが描くと以前から話題になっていましたが、ついに第1弾予告編が公開されました。

ウレぴあ総研:『アナ雪』『ニモ』続編も! 最新ディズニー映画ラインナップ&ストーリー詳細をジョン・ラセターが解説

公開されたばかり! 予告編のポイントを解説

米国で公開されたばかりの第1弾予告編を観てみましょう。

隕石が地球を通り過ぎ、恐竜が絶滅しなかった世界。

家族とはぐれてしまったアーロは、体は大きいですが臆病で甘えん坊の恐竜です。

アーロが出会ったのは、ひとりぼっちの少年スポット。

川や空、広大な大地と、ピクサーが最新のCG技術で描く自然風景にも期待が高まります。

ホタルのような描写など、スクリーンで観るのが楽しみですね。

そして、アーロとスポットの他にも登場する、恐竜や動物のキャラクターたち。

アーロとスポットが冒険を通して心を通わせていく様子がうかがえます。

恐竜と少年による壮大な友情物語

言葉を持たない原始的な人間と、絶滅をまぬがれ文明と言葉をもつ恐竜。

少年と犬の交流という、映画でよくある友情物語に対して、『アーロと少年』では立場が入れ替わり、少年のような恐竜と犬のような人間の友情物語になっていきます。

家族からはぐれた恐竜アーロと、ひとりぼっちの少年スポットという見た目も性格も正反対なひとりぼっちの同士の2人。

壮大な自然を舞台に、彼らが心を通わせながら、たくさんの動物、恐竜たちの力を借りて、アーロの家族のもとに帰るアドベンチャー大作です。

2016年3月16日の全国公開に向けて、これから徐々に新しい情報が出てくることでしょう。

奇妙な世界観でどのような冒険が繰り広げられるのか、今から楽しみですね。

ピクサー長編第16作目
『アーロと少年』
2016年3月16日(土)全国ロードショー