Doctors Me(ドクターズミー)- 汗ばむ季節!頭皮のニオイはどう防げばよい?

写真拡大

頭のニオイ、って意外と気になりますよね。通りすがった時などに、髪の匂いが爽やかに香るのはとても心地いいものですが、それ以外に特に夏などに脂っぽいような、埃っぽいような「頭皮のニオイ」が感じられることがあるものです。
今回はそんな「頭皮のニオイ」について、医師に聞いてみました!

気になる頭のニオイ…どこから出る?

自分自身、生活していても夕方に頭が汗臭いような感じがして気になることもありますよね。このニオイは、どこから来ているかというとまず頭皮の皮脂から出ている場合があります。

頭皮のニオイの原因は洗髪にあった?!

人間の体の中で最も皮脂が多い部分は頭皮であり、大量の皮脂腺が存在しています。分泌された皮脂が洗髪の時に洗い流せずに残ってしまうことで、この部分で皮脂が酸化したり雑菌が繁殖したり、ふけや整髪料などが付着することでニオイが出る場合が多くみられます。この状況が続くと頭皮に脂がこびりついたり、毛穴が汚れで詰まったりしてニオイの元凶になることがあります。

かといって、強いシャンプーで完全に皮脂を洗い流してしまおうとしまうのは禁忌です。乾燥した皮脂を潤そうと、かえって頭皮が頑張って皮脂を分泌しようとしてしまうので頭皮がさらにギトギトしてしまうことになります。もちろん、生活のリズムやストレス、食生活なども頭皮における皮脂の分泌に影響することがあります。

洗った後も気をつけて!生乾きは絶対NG

髪を洗った後、しっかり乾燥されてない場合も雑菌が繁殖し、独特の嫌なニオイを放つようになります。生乾きの洗濯物を想像していただくとわかりやすいかと思います。あのニオイもまた、近くの誰かからすると不快なニオイの一つですね。

夏になると尚更、蒸れて不快なニオイの原因になります。寝る前などに入浴し、疲れているとついしっかり髪を乾かさずに寝てしまったりすることがありますが、これは髪の毛によくないのと同時に頭皮にもよくないので、しっかりタオルなどで水分を吸収し、乾くまで起きているか、髪の奥までドライヤーでよく乾かすようにしましょう。