ディフェンディングチャンピオンのイ・ボミ!今大会に照準を合わせた彼女のプレーに注目だ!(撮影:福田文平)

写真拡大

<センチュリー21レディスゴルフトーナメント 事前情報◇22日◇伊豆大仁カントリークラブ(6,531ヤード・パー72)>
 2週間のオープンウィークを経て、後半戦が開幕した国内女子ツアー。折り返しての第2戦「センチュリー21レディスゴルフ」が24日(金)より開幕する。
イ・ボミの活躍をフォトギャラリーでチェックする!
 昨年の記念すべき第1回大会で初代覇者に輝いたイ・ボミ(韓国)は、来週行われる海外メジャー「全英リコー女子オープン」の出場権を手にしたものの早々に欠場を表明。ディフェンディングチャンピオンとして今大会に向けて調整してきた。
 ボミは舞台である伊豆大仁カントリークラブについて「アップダウンがかなりあるコース」と昨年感じたという。「距離感が大事なだけに、クラブ選択を間違えないように心がけたいですね」と攻略ポイントを挙げた。
 もう1つ鍵となるの暑さとの戦い。美しい山々に囲まれたコースは、梅雨が明けたこの時期は30度を越えるまでに上昇。加えてかなりのアップダウン。歩くだけでもかなりの量の汗が吹き出てくるコンディションとなる。「練習して休んでをバランスよくやらないと。体力が落ちないように気をつけたい」と百戦錬磨のボミも警戒する。
 「昨年はあんまりショットが良くなかったですが、今年はドライバーをはじめ調子が良い」。先週の後半戦初戦は初日こそ躓いたものの、終わってみれば2位タイフィニッシュ。絶好調で臨む昨年覇者、今年はどんなドラマを見せてくれるのか。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
イ・ボミ、初日出遅れも連日の“67”で2位Tフィニッシュ
J Soul Brothers効果!?サマンサL来場者数は過去最高の2万878人
【WITB】今季2勝目のイ・ボミ 最後に“ハマッた”ウェッジの距離感
激闘を振り返る!全英オープンニュース一覧!
動画でチェック!米国女子ツアーハイライト!