宇宙の知的生命体を探す「最大級」プロジェクトが開始

写真拡大

ロシアの投資家ユリ・ミルナーが1億ドルを投じた、宇宙の知的生命体を探る「Breakthrough Initiatives」が開始された。スティーヴン・ホーキング教授や、世界の大規模な天文台が協力している。

「宇宙の知的生命体を探す「最大級」プロジェクトが開始」の写真・リンク付きの記事はこちら

1億ドルの資金を投入し、知的生命体の形跡を求めて宇宙を調査するという先駆的な新しい取り組みが始まった。

Breakthrough Initiatives」と名付けられたこのプロジェクトは、異星人の文明を調査するためのこれまでで最も大きな取り組みとして、ロシアの技術投資家ユリ・ミルナーが資金を提供したものだ。7月20日にロンドン王立協会でオープニング・イヴェントが開催された。

関連記事シリコンヴァレーを席巻する投資家、ユリ・ミルナーとは何者か?

宇宙理論物理学者のスティーヴン・ホーキング教授やマーティン・リース卿なども協力している。

Breakthrough Initiativesの調査期間は10年間で、2つの世界最大の望遠鏡、具体的には、米国のロバート・C・バード・グリーンバンク望遠鏡と、オーストラリアにあるパークス天文台の研究チームと協力して行われる。

また、公開されているデータとオープンソース・ソフトウェアを利用したプロジェクト「Breakthrough Listen」もある。プロジェクトの説明によると、何らかの異星文明が、地球に最も近い1,000個の恒星系から「一般的な航空機のレーダー」程度のものを発信してきた場合であっても、Breakthrough Listenのチームはその信号を発見できると考えているという。

1億ドルの投資とは別に、ミルナー氏は賞金プログラム「Breakthrough Prize(ブレークスルー・プライズ)」にも資金提供している。例えば、異星文明の形跡を見つけた人には100万ドルの賞金が用意されている。

プロジェクトの発表の場で、ミルナー氏は、「Breakthrough Message」と呼ばれるもうひとつの構想も開始されると述べた。こちらは、宇宙にメッセージを送るときの倫理規範を検討し、その結果に応じて宇宙のほかの文明に向けたメッセージを作成して送信するというものだ。

カリフォルニア大学バークレー校のSETI(地球外知的生命体探査)研究センターのアンドリュー・シェミオンは、この新しい研究について、これまでより50〜100倍も強力だと話している。

「最近の観測で、地球に似た太陽系外惑星が珍しいものではないということが確認されてきており、この結果、生命体を発見する可能性は数十億倍に高まっています。しかしいっぽうで、可能性のあるそうした惑星はこの銀河系に数十億単位で存在するわけです。(中略)いまは、市民の科学とソーシャルメディアを利用することにより、これまでに決して達成できなかった方法で、プロジェクトの範囲を本当にグローバルなものにすることができます」と、リース卿は話している。

So here are a few planets that we are already searching for signals of intelligence life http://t.co/lt1YMHlZW0 #SETI pic.twitter.com/DgO5TN6xCn

- Prof. Abel Méndez (@ProfAbelMendez) 2015, 7月 20

系外惑星のなかには、すでに文明の存在が調査されているものもあるという。

有名な天文学者フランク・ドレイクも、この新しいプロジェクトを「非常に深い意味において重要」だと述べた。ドレイク博士は1960年に、宇宙生命体からの信号を見つけるための最初の大規模な取り組み「オズマ計画」の一環として、米国立電波天文台の口径26mの電波望遠鏡を使って探査を行ったことで有名だ。

※ 以下の動画では、4分頃から、オープニング・イヴェントの様子を見ることができる。

TAG

ExoplanetSETIVideoWIRED UK