香川、柴崎、宇佐美らが語る“Football Creator”に必要な資質とは?

写真拡大

 7月1日に全世界同時発売となったアディダスの最新フットボールスパイク「X/ACE」。その発売前日に両国国技館で開催された「adidas X/ACE Japan Launch Event」の映像が公開されている。

 MF香川真司、MF柴崎岳、FW武藤嘉紀、MF中村俊輔、FW宇佐美貴史ら日本を代表するスター選手が両国国技館に集結。新モデルの「X」と「ACE」を着用した選手たちが2人1組でチームを組んでテクニックを競う「ADIDAS X/ACE 2on2 Tournament」では、華麗なテクニックが3000人の観客を盛り上げた。

 予測不可能なプレーでピッチを魅了する「X」、ゲームを創り、ピッチを支配する「ACE」。公開中の特別動画では、2つの新モデルを実際に着用する選手たちが、現代サッカーに求められる“Football Creator(フットボールクリエイター)”に必要な資質や素養について語っている。

「X」を履く香川が「相手に対して怖い存在になり続けられるように、存在感を出していかないといけない」と力を込めれば、「ACE」を着用する柴崎は「どんなに強いディフェンスをしてきたとしても、それを打破するパスというのは一瞬で考えることができる」と、その創造性を自負する。

「一言で言うと、度肝を抜くプレーがしたい」と語るのは「X」を着用する宇佐美。「人が考えないようなことをイメージするというか、オレやからできるプレーが絶対にあるはずなので」。日本代表選手が自らのプレーと言葉で語る“Football Creator”。迫力の映像は必見だ。

▼アディダスの最新スパイク「X / ACE」はこちら

★関連ニュースはアディダス クリエイティブ マガジンでチェック