「モリンガ」という植物を知っていますか? サプリメントやモリンガティー、モリンガパウダーとして販売され、ダイエットや美肌に効能があると注目されています。90種類以上の栄養素が含まれる植物で、その栄養価の高さから、2007年には国連WFPの世界食糧計画にも採用。発展途上国で栄養補給食品に使われています。ここでは、モリンガに含まれるGABA (ギャバ)のはたらきとモリンガと美肌の関係について説明しましょう。

モリンガってどんな植物なの?

モリンガは、日本では西洋わさびの木と呼ばれ、主に北インドやフィリピンで育成される植物です。成長が驚くほど早く、2年目で10mほどになります。たんぱく質、ビタミン、ミネラルなど栄養素を豊富に含み、世界でも最も栄養価の高いと注目のモリンガ。インドの伝統医学アーユルヴェーダでは古くから病気治療に使われており「奇跡の木」「薬箱の木」の名称もあります。花はお茶、葉はお茶やパウダー、種は食用油や化粧品、根は香辛料にと植物全部が利用できます。

脳細胞を活性化するGABA(ギャバ)

健康に良いと注目を集める発芽玄米。モリンガには、この発芽玄米の30倍ものGABAが含まれます。GABAはアミノ酸の一種。神経伝達物質として脳の血流を促進して、酸素を体内に多く取り込み、脳細胞のはたらきを活性化します。

ダイエット&美肌をつくる栄養素が目白押し

モリンガには食物繊維やビタミン、ポリフェノールなど美肌に効果的な栄養素が目白押しです。

食物繊維:便秘を解消して、ダイエット&デトックス効果があります。ポリフェノール:抗酸化作用があり、老化の原因となる活性酸素を取り除きます。しみ・しわ・たるみなどの予防効果が期待できます。ビタミンA:肌のターンオーバーを促し、肌の健康を維持します。ビタミンE:血流を促し、しみの予防・改善に効果があります。

モリンガティーは朝食やおやつに、モリンガパウダーは料理にと、手軽に使えそうなモリンガ。ダイエットや美肌にぜひ試してみてください。


writer:松尾真佐代