国民に伝わらないのに、それでも自分の案がベストだと語る安倍首相(「日テレNEWS24」より)

写真拡大

 国民にしっかり説明を──と言って20日に『みんなのニュース』(フジテレビ系)に出演したのはいいものの、「たとえ話の意味がさっぱりわからない!」と非難を買っている安倍晋三首相。しかも、あれだけ事前に宣伝したにもかかわらず、当日の視聴率は裏番組の『スーパーJチャンネル』(テレビ朝日系)に惨敗。一方、ネット上では、安倍首相がたとえ話用に持ち込んだ自信作の模型が「生肉にしか見えない」と話題を呼び、新たに「生肉総理」というあだ名まで付いてしまった。

 だが、安倍首相はここまできても懲りてないらしい。今度は昨日21日放送のBS日テレ『深層NEWS』で、フジテレビ出演時と同様に火事のたとえ話を披露。これには思わず小西美穂・日本テレビ報道局員記者兼キャスターも「何をたとえているか、わからない人にはわからないと思う」と疑問を呈していた。

 テレビで時間を割いて喋ってもヘンなたとえ話ばかりで意味不明、質問してもはぐらかすせいで議論が深まらない......。これでは永遠に国民から理解を得ることなど不可能だろう。

 しかし、それも当然のこと。安倍首相には、国民にきちんとした説明を行って理解を得たいという気持ちそのものが、最初からないのだ。実際、それを裏付ける事実はいくつもある。

 たとえば、今月15日の『NEWS23』(TBS系)では、今月9日に番組が自民党所属の衆参合わせて402人の議員に対して安保法制についてのアンケートを実施したことを明かしたが、締め切りだった14日までに回答があったのは、たったの5人だったという。その背景について、番組の膳場貴子キャスターは、「私たちの取材では『審議中のため回答には慎重に』と、事実上回答を控えるよう、党の幹事長室から衆参の国会議員に連絡があったということです」と伝えている。

 また、16日の毎日新聞も自民党の"言論規制"を報じ、それによれば『23』のアンケートが届いてすぐに党の幹事長室が議員へ電話をし、「答えないように」と釘をさしたという。

『23』といえば、衆院の解散を発表した昨年11月18日に安倍首相が出演した際、VTRの街頭インタビューに「厳しい意見を意図的に選んでいる」と陰謀論まがいの主張を繰り広げ、出演2日後には在京テレビキー局に《選挙時期における報道の公平中立ならびに公正の確保についてのお願い》なる"自民党批判は許さない"という恫喝する通達を出している。安倍政権からすると、とくに『23』への恨みは深いようにも思えるが、自民党がシャットアウトしたのはこの番組だけではない。

 本サイトでも既報の通り、先月6月28日に放送された『朝まで生テレビ!』(テレビ朝日系)では、与野党の若手議員が集まって安保法制について議論を行う予定だったが、スタジオに現れたのは民主党をはじめとする野党の議員だけ。番組冒頭で司会の田原総一朗は「わりに自民党も最初はね、簡単に番組に出そうだった。出ると言っては断る、出ると言っては断る(ということがあった)」と語り、ついには番組プロデューサーまで出てきて、事前に30名以上の自民党議員に出演をオファーしたものの全員に断られてしまったこと、自民党広報部に取りまとめを求めるも、やはり「都合がつかない」と返答されたことを伝えた。

 さらに、前述した毎日新聞によれば、日本テレビの『真相報道バンキシャ!』も、〈今月初め、自民党若手衆院議員への取材を依頼したが、実現しなかった〉という。理由は『23』や『朝生』と同様、党から議員へ圧力がかかったからだ。

 加えて自民党は、現状の抗議行動の盛り上がりを考え、当面、街頭演説を行わない方針を打ち立てた。朝日新聞に掲載された党関係者のコメントによると、「批判される姿がメディアで映ると参院審議に影響が出る」ということらしい。

 安保法制への国民の理解を促したいのであれば、自民党議員たちの意見を堂々と語ればいいだけの話。だが、安倍首相はそれを断じてさせない。というのも、右巻きの安倍チルドレンたちが例の問題となった勉強会「文化芸術懇話会」のときのように「本音」を語り、また国民からの批判に晒されることを、いまもっとも恐れているからだ。

 周知のように、安倍首相はもともと「日本人に血を流させる」「日本人に命をかけさせる」ことを公言していたのに、今回の安保法制をめぐる説明では、国民を騙すために逆のことを言ってごまかしている。安倍チルドレンたちはそのころに安倍首相に吹き込まれた、首相の本音をそっくりそのまま口にしてしまう危険性があるので、それを口封じしたいのである。

 それにしても、安倍首相のメディアや言論に対する考え方とは、一体何なのだろう。「国民にていねいに説明する」などと言いながら、議員には徹底して口をつぐませる。そして自身が説明の場として登場するのは、自分の応援団であるネトサポ(自民党ネットサポーターズクラブ)が集結するニコニコ生放送に、トップとべったりのフジテレビや日本テレビ......。

 繰り返すが、首相や国会議員がメディアの取材を受けることは、国民の知る権利に答えるためで、これは義務である。総理大臣は当然、特定のメディアにだけ出演するというような不公平は許されない。そもそも安倍氏が首相になる以前は、総理大臣がテレビ番組に単独出演することはほとんどなかった。それを安倍首相は第一次安倍政権発足間もなくから単独出演を決め、第二次政権でも『笑っていいとも!』のテレフォンショッキングにまで登場したのだ。

 そう。安倍首相の意識は、芸能人や企業の宣伝部と同じ。自分のPRのことしか考えておらず、メディアはそのための道具。それゆえ、自分の出たいタイミングで自分の出たい番組にしか出演しないし、そこで批判をされれば圧力をかける。この人の頭の中にはそもそも、民主主義、言論の自由という単語が存在しないのである。ところが、そんな人物にメディアの側が尻尾を振り、PRの機会を与えてしまうのだから、呆れてモノも言えない。

 でも、この出来レースに国民は気付いている。先日、国会前で安保法制に反対の声をあげる人だかりのなかで、こんなプラカードが掲げられていた。

「総理とメディアトップが会食する国なんてある?」
(水井多賀子)