朝起きても何となくボーっとしていませんか?コーヒーを飲んで目を覚ますという方も多いと思いますが、もっと効果的にシャキッとできる方法があるのです。それが5分間の朝シャワー。朝からエンジン全開で頑張ってみませんか?

朝シャワーが目覚めに効果的な理由

人は寝ている間は体温が下がっている状態ですが、目覚めの時間が近づくにつれて体温が少しずつ上がっていきます。これは自律神経の働きによるもので、活動に適した状態になるように体を調整しているのです。自律神経が乱れたり冷え症の症状がある人は、覚醒に必要な体温を確保することができません。そのため、朝起きてもボーっとしてやる気が出ない状態が続いてしまうのです。そこで、朝シャワーを浴びれば、一気に交感神経の働きが高まって目がシャキッと。朝シャワーには、自律神経を切り替えるだけでなく、継続的にその働きを整える効果もあります。

朝シャワーは熱めのお湯で短時間がポイント

朝にシャワーを浴びるポイントは、熱めのお湯を使うことです。それによって下がったままの体温が一気にあがり、交感神経が優位の活動モードに切り替えることができます。また水圧を強めにするのも効果的。水が皮膚に当たる刺激も、交感神経の働きを高めます。熱いお湯を使えば、短時間のシャワーでも効果は上がります。

湯船に浸かる入浴は朝はNG

時間がある時はゆっくりと湯船に浸かりたいなんて方もいるでしょう。でも、これから活動が始まる朝は、ゆったりとした入浴は逆効果です。入浴にも全身の血行を良くする効果はありますが、副交感神経の働きが優位になるためリラックスモードになってしまいます。また、入浴は思いのほか体に負担をかけるもの。これから活動が始まる朝の入浴は控えておくのが無難です。一方夕方以降であれば、リラックスモードでぐっすり眠るためにも、ぬるめのお湯にゆっくり浸かる入浴がおすすめです。

朝のシャワーと夜の入浴は、交感神経と副交感神経の切り替え時です。忙しい朝でも5分間のシャワーなら手軽にできて効果抜群。シャッキリ目覚めて、朝からバリバリ活動しましょう。


writer:岩田かほり