Doctors Me(ドクターズミー)- 犬の去勢&避妊手術のメリット、デメリット!

写真拡大

大事なワンちゃんの去勢or避妊について考えよう

ワンちゃんを飼っているほとんどの方が一度は悩まれる、去勢と避妊。してあげたほうがよいのか、しなくてもよいのか、賛成派、反対派、意見も色々で悩みますね。
手術にはメリット、デメリットがあるため、まずは、それを知ることが大切です。

雄犬、去勢手術のメリット

【メリット1】雄犬特有の病気になる確率が低下する
手術では精巣を取るため、精巣の腫瘍の予防ができます。また、高齢になると増えてくる前立腺疾患や会陰ヘルニア、肛門周囲腺腫の予防ができます。

【メリット2】雄性行動の抑制が期待できる
発情したメスがそばにいても気持ちを抑える必要がないので、ストレスの軽減になります。攻撃性に関しては、しつけの問題があったり、マーキング、マウンティングに関しては、個体差があったりしますので、必ずなくなるものではありません。

雌犬、避妊手術のメリット

【メリット1】望まない妊娠を避けられる

【メリット2】雌犬特有の病気になる確率が下がる
雄犬同様、手術では卵巣子宮or卵巣を取り除くので、卵巣の腫瘍や子宮蓄膿症を防げることが最大のメリットです。乳腺腫瘍は初回発情前に手術をすると、予防効果が高いといわれています。

【メリット3】発情時の出血のケアのわずらわしさがなくなる
発情出血や、発情中に雄犬が寄ってくるなどのストレスはなくなります。

【メリット4】偽妊娠をしなくなる
妊娠していないのに乳腺が張ったり、子犬に見立てたものを離さなかったりという、偽妊娠もなくなります。

去勢&避妊手術のデメリット

デメリットは去勢&避妊手術、基本同じとなります。

【デメリット1】繁殖が不可能になる

【デメリット2】麻酔に対してのリスク(100%の安全が保障できない)
麻酔には全身麻酔を使用するため、心拍数が下がったり、呼吸が抑制されたりする場合があり、場合によっては命に関わることもあります。

【デメリット3】太りやすくなる
術後は多くの子が太りやすくなるといわれており、フードの変更などのケアが必要になります。

【デメリット4】術後の痛みや入院する場合のストレス
雌犬は普通入院ですが、雄犬では入院しない場合もあります。雄犬は抜糸までの間、エリザベスカラーなどで、傷をなめないようにする必要があります。

【デメリット5】尿失禁になることがある(避妊手術のみ)
雌の場合、稀ですがホルモンの関係で、尿失禁しやすくなることがあります。

家族の一員であるワンちゃんのために、去勢や避妊について考えることはとても大切なこと。これらを踏まえ、よりよい答えを出してあげたいですね。