範宙遊泳『幼女Xの人生で一番楽しい数時間』

写真拡大

東京を中心に活動する演劇集団・範宙遊泳の第19回公演『幼女Xの人生で一番楽しい数時間』の詳細が発表された。

【演劇集団「範宙遊泳」 代表作と新作の2本立て3都市ツアーを発表の画像・動画をすべて見る】

本公演は、2013年に発表し、東京・横浜・クアラルンプール・バンコクを旅した同劇団の代表作『幼女X』と、1人芝居『楽しい時間』の2本立て。

9月2日(水)から7日(月)まで開催される東京・こまばアゴラ劇場での公演を皮切りに、札幌、愛知の3都市を巡るツアー公演となる。



アジアを巡った代表作と、新作を上演


『幼女X』舞台写真/撮影:amemiyayukitaka

『幼女X』舞台写真/撮影:amemiyayukitaka



範宙遊泳は、文字や映像、影などの投映と俳優を組み合わせた演出で「2.5次元の演劇」と評され、『幼女X』では、Bangkok Theatre Festival 2014で最優秀脚本賞と最優秀作品賞を受賞。

東京芸術劇場で上演された『うまれてないからまだしねない』では、代表の山本卓卓さんが、第59回岸田國士戯曲賞の最終候補作にノミネートされた。

今回上演される『幼女X』は、国際フェスティバルなどに招聘され、タイの劇団・Democrazy Theatreと共同制作も行われた作品。震災後の日本の閉鎖的なムード、価値判断が個々人にゆだねられた現代社会を描き出す。

出演者は俳優の大橋一輝さん、埜本幸良さん2人のみで、投影する文字や図形を絡めながら、さまざまな登場人物を演じ分ける。

また、同時上演となる『楽しい時間』は、2013年に『幼女X』の後日談として上演された作品。今回はタイトルを同じくした新作として発表され、こちらの出演は福原冠さんのみの1人芝居となる。

代表作の再演と新作という、これまでの集大成/総決算となる公演になりそうだ。