村上めぐみ

写真拡大 (全8枚)

ビーチバレーボール“世界最高峰”と言われる大会、「FIVBビーチバレーボールグランドスラム」が、横浜市・みなとみらい21地区の臨港パークにて開幕した。(期間:20日〜26日)

ワールドツアー20大会のうち、5大会行われる「グランドスラム」は、日本で初開催となった。

21日のプログラムは、男女の予選。メインコートでは、女子チームの村上めぐみ/石井美樹らが、熱戦を繰り広げた。

結果は、ブラジル勢を相手に闘い、惜しくも本選への道を絶たれた。

(予選・2回戦) 村上めぐみ/石井美樹 1(21-18、17-21、13-15)2 カロリナ・サルガド/マリアクララ・ルフィノ

村上は、ゲーム内容について「内容は悪くなかった」とコメント。石井も「自分たち、イケると思った」と勝利を意識した場面もあったという。

日本チームへの応援をもらい、村上は「勝てると思った。決めにいこうとして、ミスをした」と振り返った。「勝って、明日(本選への32チーム)に残りたかったのが、一番です」と悔しい心境を伝えていた。

明日からの本選は、予選免除の西堀健実/溝江明香組ら、男女6チームが出場する。

▼ (予選・2回戦より) 村上/石井 vsカロリナ/マリアクララ



▼ 石井美樹、村上めぐみ



▼ 村上めぐみ



▼ 村上めぐみ



▼ 石井美樹



▼ 石井美樹