千葉Lから2名がなでしこ選出…山根「W杯の経験を自分のものに」

写真拡大

 日本サッカー協会(JFA)は21日、EAFF東アジアカップ2015に臨むなでしこジャパンの代表メンバー23名を発表した。

 ジェフユナイテッド千葉レディースからは、GK山根恵里奈とFW菅澤優衣香の2名がFIFA女子ワールドカップ・カナダ2015に引き続き選出されている。同クラブは公式サイトで、選出された二人のコメントを伝えている。

 山根は、「カナダW杯では、準優勝という結果とともに日々たくさんのことを学び、さまざまな思いを感じ、貴重な経験を得て帰国しました。ですが、それらを思い出にしてしまうのか、自分のものにできるのか、本当に大切なのはここからであり、この東アジアカップは、また新たなチャレンジの始まりになると思います。大きな第一歩を踏み出すことができるよう、責任を持ってこのチャレンジに挑んでいきたいと思います。これからもご声援をよろしくお願いいたします」と、W杯での経験を活かして臨みたいと述べた。

 菅澤は、「いつも応援ありがとうございます。前回のカナダW杯に引き続き選出していただき嬉しく思います。今大会は、世界大会とは違いアジアということもあり、違った環境と雰囲気の中での戦いとなりますが、自分らしくサッカーができればと思っています。応援よろしくお願いします」と、意気込んでいる。

 なでしこは、2008年と2010年に東アジアカップで連覇を達成。2013年の前回大会では、2位に終わり3連覇を逃していた。王者奪還を狙う今大会では、男子と同じく、日本、中国、韓国、北朝鮮の4チームによって総当り戦が行なわれる。8月1日に北朝鮮と、同4日に韓国と、同8日に中国と対戦予定だ。

●東アジア杯に臨むなでしこ23名発表…猶本・田中美南ら選出、W杯組は6名
●新潟Lから3名がなでしこに選出…DF北原「新潟を代表して戦う」
●W杯準優勝のなでしこジャパン各選手に特別ボーナス300万円が支給…JFA理事会で承認
●鹿島がトニーニョ・セレーゾ監督を解任…後任に石井正忠氏
●ファンタジックなサッカーでサポーターを魅了〜今年の仙台は攻撃が面白い(サッカーキング・オピニオン)