新潟Lから3名がなでしこに選出…DF北原「新潟を代表して戦う」

写真拡大

 日本サッカー協会(JFA)は21日、EAFF東アジアカップ2015に臨むなでしこジャパンの代表メンバー23名を発表した。アルビレックス新潟レディースからはDF北原佳奈、DF上尾野辺めぐみ、DF小原由梨愛の3選手が選ばれている。

 FIFA女子ワールドカップ・カナダ2015に続き召集された北原は「いつも応援ありがとうございます。このたび、東アジアカップのメンバーに選出していただけたことを大変嬉しく思います。新潟の代表として精一杯戦ってきます。応援よろしくお願いします」と、チームを代表して戦う姿勢を見せた。

 同じくW杯に続き選出されている上尾野辺も「東アジアカップのメンバーに選出され嬉しく思います。チームの勝利に貢献できるようがんばります。応援よろしくお願いします」とコメント。

 一方、2014年5月になでしこデビューを飾ったもののW杯メンバーには選ばれなかった小原は「アジアカップのメンバーに選出されたことを光栄に思います。自分のプレーを存分に発揮し、チームに貢献できるようがんばってきます! 応援よろしくお願いします」と、意気込んでいる。

 なでしこは、2008年と2010年に東アジアカップで連覇を達成。2013年の前回大会では、2位に終わり3連覇を逃していた。王者奪還を狙う今大会では、男子と同じく、日本、中国、韓国、北朝鮮の4チームによって総当り戦が行なわれる。8月1日に北朝鮮と、同4日に韓国と、同8日に中国と対戦予定だ。