電気自動車先進国はどこだ? 各国の販売台数ランキングが発表

写真拡大

電気自動車(EV)の世界最大の市場は米国だが、普及率ではノルウェーがトップであることがわかった。

「電気自動車先進国はどこだ? 各国の販売台数ランキングが発表」の写真・リンク付きの記事はこちら

調査会社IHS Automotive社によると、世界の新車販売において、少なくとも電気自動車(EV)の割合に関してはノルウェーが先頭を走り続けている。2015年第1四半期に同国内で販売された新車の3台に1台がEVで、最もよく売れたのはフォルクスワーゲンの「e-Golf」だった。

実数でいうと、EVの世界最大の市場は米国だ。同じく2015年第1四半期に、米国で新規登録されたEVは全車両の1パーセントにも満たないが、それでもおよそ15,000台という数になり世界1位だ。第2位は中国で、12,550台が販売された。

IHS社のデータは、テスラ・モーターズにおけるEV戦略の賢明さも示している。米国内でのテスラ「Model S」の第1四半期販売数は、ほかのどのEV車種より多かった。IHS社のレポートにはテスラModel Sの米国での実際の販売台数は書かれていないが、ニュースサイト「Autoblog」は、少なくとも4,086台は売れたはずだと推定している。同期間における日産「リーフ」の販売台数が4,085台だったからだ。

IHS社は、ノルウェーやオランダ、中国、米国でEVがよく売れる理由として、政府による強力な優遇策の存在を挙げている。

米国では、EVに対する連邦税の控除もあるが、カリフォルニア州やジョージア州などでは、その地域だけの優遇策も設けており、こうした州での売上が著しい

IHS社の分析はまた、ドイツの順位が低い原因として、優れた優遇策がないことを指摘している。ただしフランスは、EV購入に対して優遇策を設けているにもかかわらず順位が低いという。

TAG

Arstechnica USEVnorway