ドローンが消防ヘリを25分妨害、自動車20台以上が炎上:カリフォルニア

写真拡大

ロサンジェルス北東の山林火災により、道路で渋滞中だった車20台以上が炎上した。現場上空をドローンが飛んでいたせいで消火用ヘリコプターが飛行できない状態が約25分以上続いたという。

NorthFire (Update) #SBCoFD #StructureDefense group advising multiple homes involved Baldy Mesa Area pic.twitter.com/XH1p0R18GC

「ドローンが消防ヘリを25分妨害、自動車20台以上が炎上:カリフォルニア」の写真・リンク付きの記事はこちら

— SB County Fire (@SBCOUNTYFIRE) 2015, 7月 17

7月17日(米国時間)にロサンジェルス北東部で発生した山林火災は、瞬く間に燃え広がり、渋滞中の「フリーウェイI-15」まで延焼。炎が車を飲み込んで、運転手たちが避難する事態になった。だが、そんな混乱のさなかに、ドローンという、消防士とってこの上なく未来的な厄介物のせいで、消火用ヘリコプターが飛行できない状態が20分以上も続いてしまった。

この火災によって車20台が炎上し、10台は一部が燃えた。7月19日朝現在、火災は60パーセントが鎮火している。捜査当局は、ドローンの操縦者を捕らえられなかった。

米農務省林野部が今回の火災に関して出した概要報告書には、「7月17日午後、1台の無人航空機システムが、空中からの消火活動をおよそ25分中断させた」と書かれている。

CNNは、サン・バーナーディノ郡の消防局広報から聞いた話として、実際には現場上空にドローンが5台飛んでいたと伝えている

サン・バーナーディノ郡消防局のエリック・シャーウィンは、CNNに対して次のように語った。「幸いにして、負傷者や死亡者が出たという報告はありませんでした。しかし、ヘリが15分から20分地上で待機したということは、本来ならばもう1回消火活動ができたはずの15分から20分が失われたことになります。この15分から20分があれば、より安全な環境をつくり出すことができ、多くの市民が、命を守るために走って逃げる姿を見なくてすんだと思います」

サン・バーナーディノ郡では6月末にも、湖畔で火災が起き、複数の消防チームが消火に当たったが、娯楽用ドローンが現場上空を飛んでいたことが原因で、低空飛行で難燃剤散布をしていた3機の航空機が回避行動を取らなければならなかったという出来事があった。このため、林野部は10,000ドルの負担を負う羽目になった。

その一件を受け、複数のカリフォルニア州議員とカリフォルニア州選出の連邦下院議員1人が、山林火災の上空でドローンを飛ばした人物に、罰金に加えて一定期間の懲役を科す法案を提出している。

関連記事ドローン乱入で中止されたサッカー予選、仲裁裁判所が逆転判断

TAG

Arstechnica USDroneFire