「現在幽霊画展」

写真拡大

現代美術家20名による幽霊画のグループ展「現在幽霊画展」が、東京・阿佐ヶ谷にあるTAV GALLERYにて、8月8日(土)から8月23日(日)まで開催される。

【阿佐ヶ谷で「現在幽霊画展」 20名の現代美術家が日本古来のアートを表現の画像・動画をすべて見る】

本展では、「現在の幽霊画」というモチーフのもと、絵画や映像、写真、染色、彫刻、フィギュア、イラスト、パフォーマンスなど、あらゆる表現方法を用いた作品を展示。

現代美術家の笹山直規さんがキュレーションをつとめ、2014年に開催された「幽霊画展2014」で大賞を受賞した内田すずめさんや、精神疾患を抱えた現役大学生による展覧会「メンヘラ展」を主催するあおいうにさん、鉄彫刻作品を数多く手がける藤井健仁さんなど、気鋭の若手美術家からベテラン作家まで、総勢20名の豪華な面々が参加する。

現代アーティストが幽霊を描く


内田すずめ 拒食と自爆 2014 紙にミクストメディア 530×333mm/昨年開催の「幽霊画展2014」の出展作品より

内田すずめ 拒食と自爆 2014 紙にミクストメディア 530×333mm/昨年開催の「幽霊画展2014」の出展作品より



「現在幽霊画展」は、SNSで募った幽霊画作品を集めた、笹山直規さん主催によるインターネット上の展覧会「幽霊画展2014」に続いて開催されるもの。

今回は、生と死をテーマとした作品を手がける新世代アーティストとして注目される笹山さん自らがキュレーターとなり、現代を代表する美術作家20名を選出。

日本古来より描かれてきた「妖怪・幽霊画」と、現代アーティストたちによる多様な表現方法を組み合わせた展覧会となっている。

古来より自然の中にある「気配」を敏感に感じ取ってきた日本人の美意識に注目したい。(中略) 本展は「妖怪・幽霊画」といった日本美術の歴史と、アーティスト達の「現在」が重なった新しい表現を追求してみたい。笹山直規さんによるコメント
 

気鋭のアーティストたち20名が集結


笹山直規 トイレの花子さん 2014 モンバル紙に鉛筆・透明水彩 455×380mm/昨年開催の「幽霊画展2014」の出展作品より

笹山直規 トイレの花子さん 2014 モンバル紙に鉛筆・透明水彩 455×380mm/昨年開催の「幽霊画展2014」の出展作品より



杉田陽平 phantom 2014 oil on canvas 530×460mm/昨年開催の「幽霊画展2014」の出展作品より

杉田陽平 phantom 2014 oil on canvas 530×460mm/昨年開催の「幽霊画展2014」の出展作品より



作品を出展するのは、子どもをモチーフとしながら現代社会が抱える問題をアートで表現する下田ひかりさんや、両足義足で作品製作・音楽・モデルなど幅広く活動している片山真理さん、1年に約300体のフィギュアを制作し、自身でフィギュア写真集も手がけるフィギュアイラストレーターのデハラユキノリさん。

ハタユキコ おんぶ幽霊 2014 パネルに白和紙、アクリル 350×400mm/昨年開催の「幽霊画展2014」の出展作品より

ハタユキコ おんぶ幽霊 2014 パネルに白和紙、アクリル 350×400mm/昨年開催の「幽霊画展2014」の出展作品より



そして、炎上アート集団・じゃぽにかの主要メンバーとしても活躍する杉田陽平さん、ネットから生まれた芸術集団・カオス*ラウンジの創設者である藤城嘘さんなど、ジャンルを問わず、多方面から注目されている話題のアーティストたちだ。

また、本展のメイングラフィックとデザインは、若手グラフィックアーティストのRei Nakanishiさんが担当している。