RAPAS銀座店

写真拡大

全売上の7割を中国需要が占める――そんな健康食品ブランドが、東京・銀座に初の路面店をオープンした。運営するのは、これまで通信販売を中心に展開していたRAPAS(ラパス)だ。

通信販売で買えるものを、あえて店舗で売り出すからには、なにか特徴があるのだろう。気になった記者は2015年7月14日の開店当日、その銀座店(東京都中央区)で、北村啓子社長に話を聞いた。

銀座店限定商品も登場予定

同社の主力商品は、腸内から美と健康をサポートする健康食品「Reperfe(リパーフェ)」と「Super(スーパー)Reperfe」。銀座店1階には、天然ゼオライトやハーブなどで便秘解消を促す「スーパーリパーフェ ララスリム」(錠剤タイプとソリュブル顆粒タイプ、ともに1か月分税抜6700円)など人気サプリメントが、ズラリと並んでいる。

現在は中国での売れ行きが好調だが、RAPASは中国市場での拡大を狙っていたわけではなかった。同市場での成長のきっかけは、とある代理店を通して、中国で「リパーフェ スリム」(1か月分、同3430円)を販売したこと。体験者の口コミが自然に広がり、注目を集めたのだという。

銀座出店を機に、RAPASは化粧品の新ブランドも発表した。美容液(同1万8000円)、まつ毛美容液(同9000円)、コラーゲンやヒアルロン酸をフリーズドライ化した凍結乾燥美容液(30回分、同4万8000円)をラインアップする「ララ リセット」や、洗顔料「ララ メディック」(30錠入り、同1万2000円)、高濃度ビタミンC誘導体によって、内側から美を引き出す「シェラード・ベル・ボー」(同6500円〜3万5000円)などを提供。今後は銀座店限定商品も登場する予定だ。

「RAPASカード」でライフサポート

通信販売との最大の違いは、銀座店の来店客だけがもらえる「RAPASカード」(近日開始予定)。ポイントカードではなく、顧客にあった食や健康の情報を提供する会員システムで、「このサプリメントより、こっちの方がいい」「いま摂取するのは、やめといた方がいい」「こんな食べ物がいい」といったアドバイスを行っていく。

一度でも来店し、スタッフと対面で話せば、外国人観光客でもカード発行が可能。今後は人間ドックの紹介なども視野に入れているといい、北村社長は「世界の人に健康になってもらいたい。(商品だけでなく)いろんな方面から、そう考えています」と語った。

地下1階には、夏に向けて順次、RAPASが厳選した「美と健康のセレクトショップ」をオープンする。目薬やサングラス、貴金属などの土産物をワンストップで購入できるようになるが、「ブランドをきちっと作り上げたい」との思いから、あくまでメインは自社製品となる。1店舗目に銀座を選んだのも、ブランド戦略が理由だ。

「同じ店を出すのなら、日本で最高の場所に。それによってブランド構築の一歩となる」

RAPAS銀座店の住所は、東京都中央区銀座1-5-6 銀座レンガ通り福神ビル。東京メトロ有楽町線・銀座1丁目駅の6番出口から、北東へ1分ほど歩いたところ。各種クレジットカード(VISA、Master、UnionPay銀聯、JCB、AMEX、Dinersなど)決済ができ、免税にも対応している。