最近よく目にするようになったDHAやEPA。どちらも不飽和脂肪酸の仲間で、牛や豚などに含まれる飽和脂肪酸と違い、健康のためには積極的に摂った方がいいと言われています。DHAとEPAは良く似た働きをしますがここではあえてEPAに注目して、その健康効果をご紹介していきます。

“EPA”ってどんな成分なのか確認

EPA(エイコサペンタエン酸)は、人の体の細胞膜やホルモンを作るために必要な成分として知られています。脂肪酸には飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の2種類がありますが、EPAは不飽和脂肪酸のひとつで、中性脂肪や悪玉コレステロールを減らす効果があると言われています。EPAは不飽和脂肪酸の中でも、オメガ3系の多価不飽和脂肪酸です。オメガ3系の不飽和脂肪酸は青魚などに多く含まれますが、常に不足しがちな成分でもあるのです。

気になる“EPA”の働きは?

EPAは必須脂肪酸なので、体内で生成することができません。食べ物から摂る必要がありますが、年とともにその摂取量が減っていきがちなので、さらに不足しやすくなっています。EPAの主な働きには、次のようなものがあります。

血液をサラサラにして健康に!

EPAには、血行を良くすることで血栓を防止する働きがあります。血液サラサラで、動脈硬化や脳梗塞、心臓病などを防ぐことができます。

中性脂肪を減らし善玉コレステロールを増やす

EPAには血液をサラサラにする効果がありますが、特に中性脂肪を減らす効果が高いと言われています。また善玉コレステロールも増やすので、高脂血症や高血圧などを予防することができます。

肌トラブルの改善にも効果的

EPAには、ヒアルロン酸と同じような、皮膚の角質層をつなぐ役割があります。角質層がバラバラになってしまうと、乾燥肌や肌トラブルの原因に。EPAを摂取することで、お肌の改善効果が期待できます。

生理痛の軽減にもEPAがいい?

生理痛の痛みは、経血の排出に係わりの深いプロスタグランジンという物質が過剰に分泌されることが原因の1つです。EPAはプロスタグランジンを抑制するので、充分に摂取することで生理痛を改善することができます。

DHAとはまた違った一面のあるEPA。EPAは青魚に多く含まれますが、毎日食べるのが難しいという方は、亜麻仁油やエゴマ油から摂ってもいいでしょう。もっと手軽に摂取したい場合は、EPAやDHAのサプリメントの利用を考えてはいかがでしょうか。


writer:岩田かほり