「スネ夫がEDMフェスで踊っているときに流れている曲」/画像はすべて動画のスクリーンショット

写真拡大

国民的TVアニメ『ドラえもん』のキャラクター・骨川スネ夫をモチーフにした「スネ夫がEDMフェスで踊っているときに流れている曲」が、7月18日にニコニコ動画にて投稿され話題になっている。

【スネ夫の自慢BGMがEDMに! スネ夫がフェスで踊っているときに流れている曲がすごいの画像・動画をすべて見る】

本楽曲を手がけたのは、VOCALOID楽曲やアニメソングなどのリミックスを公開しているアーティスト・鼻そうめんPさん。その名の通り、スネ夫がEDM(Electronic Dance Music)のフェスで踊っているときに流れる曲をイメージしたものとなっている。

【ニコニコ動画】スネ夫がEDMフェスで踊っているときに流れている曲(フル)

スネ夫おなじみのBGMをダンスミュージックにアレンジ


「スネ夫がスタジアムで踊っているときに流れている曲」/動画のスクリーンショット

「スネ夫がスタジアムで踊っているときに流れている曲」



鼻そうめんPさんは、「かんざきひろ」「織田広之」名義でイラストレーター・アニメーターをつとめるかたわら、「Hiroyuki ODA」名義でトランスミュージシャンとしても国内外で知られるなど、多彩な才能を発揮するアーティスト。

そんな彼が手がけた「スネ夫がEDMフェスで踊っているときに流れている曲」は、アニメ『ドラえもん』の中でスネ夫が自慢話をするシーンで流れるおなじみのBGMを、EDM風のダンスミュージックにアレンジした楽曲。

はじめは壮大なEDMなのだが、2分10秒あたりになると……。アニメを観たことがある人なら一度は聞いたことがあるであろうおなじみのフレーズを、見事にEDMのエッセンスに落としこんでいる。

鼻そうめんPさんは、以前にも「スネ夫がクラブで踊っているときに流れている曲」「スネ夫がスタジアムで踊っているときに流れている曲」など、同BGMをモチーフにしたリミックスを公開してきた。

本作は、投稿からわずか3日で両作それぞれの再生数を超える40万再生を記録しており、これまで以上の注目を集めている。